朝ドラおかえりモネ、りょーちん上京で百音をめぐり波乱の展開?どうする“俺たちの菅波” (1/3ページ) - イザ!

メインコンテンツ

朝ドラおかえりモネ、りょーちん上京で百音をめぐり波乱の展開?どうする“俺たちの菅波”

左から菅波光太朗(坂口健太郎)、永浦百音(清原果耶)、及川亮(永瀬廉) (C)NHK
左から菅波光太朗(坂口健太郎)、永浦百音(清原果耶)、及川亮(永瀬廉) (C)NHK

NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」の第73話が25日、放送され、King & Prince永瀬廉演じる及川亮の突然の上京にネットが騒然となった。この日もツイッターでは亮の愛称「りょーちん」がトレンドに入り、多くの視聴者から今後の展開を予想する書き込みが相次いだ。

宮城県の気仙沼湾沖の島で生まれ育った主人公の永浦百音(清原果耶)が天気予報の魅力を知り、気象予報士として成長していく姿を描く「おかえりモネ」。ドラマは現在、第15週「百音と未知」(71~75話)が放送中で、この日の放送で、突然、東京で働く百音の前に亮が現れた。

亮は百音の幼なじみで、現在は百音のふるさとの気仙沼で漁師として働いている。昔から百音とは不思議とウマが合い、気心が知れた仲。運動神経抜群かつ気配りのできる性格のため、とにかくモテる。ちなみに百音の妹、未知(蒔田彩珠)は亮に恋心を抱いている。

第72話で、そんな亮が父の新次(浅野忠信)と永浦家を訪問した。百音の父、耕治(内野聖陽)はニュース番組の気象コーナーで中継キャスターとして活躍する百音に大喜びで、その録画を2人に嬉々として何度も見せた。その親バカぶりに新次は「そんなんで、嫁にやっとき、どうすんだよ」と呆れた。すると耕治はうれしそうに“彼氏”の存在を明かし、「聞いで驚ぐなよ!医者だぞ!東京の医者!」と満面の笑み。新次は「そりゃ、もうこんなうぜえ親父がいる島なんか帰ってこねえな!」と亮に話しかけた。亮はどこか複雑そうな表情で2人の会話を聞き、新次の問いかけに、小さく笑うことしかできなかった。

そのころ、百音は、若手医師、菅波光太朗(坂口健太郎)と週末に会う約束をしていた。幼なじみで同じ「汐見湯」で暮らす野村明日美(恒松祐里)はそれを聞いて大はしゃぎ。「気持ちを伝えるべき」と百音の背中を押した。

  1. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は
  2. 次の自民党総裁にふさわしいのは誰? 高市前総務相が衝撃の「81%」 菅首相の11・9%を7倍近く引き離す 夕刊フジ・zakzak緊急アンケート
  3. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  4. コロナ、経済対策、外交…新総裁適任は? 識者に聞く
  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」