NY株続伸、30ドル高 ナスダック最高値

産経ニュース

24日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続伸し、前日比30・55ドル高の3万5366・26ドルで取引を終えた。ハイテク株主体のナスダック総合指数も続伸し、77・15ポイント高の1万5019・80と最高値を更新。

前日にファイザー製の新型コロナウイルスワクチンが正式承認され、経済活動の正常化が進むとの期待感が続き、買い注文が優勢となった。幅広い銘柄のSP500種株価指数も続伸し、6・70ポイント高の4486・23と最高値で終えた。

米長期金利が上昇し、利ざや改善が意識された金融株が買われたのも相場を押し上げた。ただ、米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長講演を27日に控えて内容を見極めたいとの思惑も強く、上値は重かった。

個別銘柄では、金融のゴールドマン・サックスや化学のダウの上昇が目立った。一方、医薬品のジョンソン・エンド・ジョンソンは売られた。(共同)

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. 小泉進次郎氏「妻に申し訳ない」 クリステルさん名義の巨額資産公開で

  4. 無免許当て逃げの木下都議、シャネルに「胸元ガバガバ」赤ワンピで登場の強メンタル

  5. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は