病床確保へ 都内全医療機関に「最後通告」 国と都が要請、理由なく拒否なら病院名公表も 補助金受け取りについても調査 - イザ!

メインコンテンツ

病床確保へ 都内全医療機関に「最後通告」 国と都が要請、理由なく拒否なら病院名公表も 補助金受け取りについても調査

東京都渋谷区で始動した酸素ステーション
東京都渋谷区で始動した酸素ステーション

 新型コロナウイルス感染後も入院先が決まらない人や自宅療養者が急増するなか、厚生労働省と東京都が、都内の全医療機関に病床確保と最大限の患者受け入れを要請した。正当な理由なく従わなかった場合、医療機関名を公表するもので、「最後通告」ともいえる。国の補助金を受け取りながら協力しない医療機関の調査も進めるが、効果は期待できるのか。

 「国と医療機関と連携し、総力戦で闘う」。23日午後、田村憲久厚労相と会った小池百合子都知事はこう語り、医療機関に協力を呼びかけた。

 すでに患者や回復患者を受け入れている約400の重点医療機関などには、最大限の患者受け入れとさらなる病床確保を要請。約250の病院と約1万3500の診療所には、酸素ステーションや在宅医療、ワクチン接種への協力を求める。正当な理由なく要請を拒んだ場合は勧告し、従わなかった場合、医療機関名を公表できる。

 23日時点の都内の確保病床数は6406床で、使用率は63%。確保病床には他の病気の患者が使用中のものや人員配置に時間が必要なものも含まれており、数字上は満床でなくとも逼迫(ひっぱく)の恐れがある。

 今回の要請で約600床を上積みして、計7000床の確保を目安にすると説明している。

 東京の23日の入院患者は66人増の4034人となり、重症者は272人。自宅療養者と療養先の決まっていない患者は22日時点で計3万9000人を超えている。

 都は23日に旧国立児童館「こどもの城」(東京都渋谷区)で酸素ステーションの運用を開始したが、応急措置に過ぎず、治療を行うことができる施設の確保は急務だ。

 実現には困難も伴う。都道府県レベルで奈良県や大阪府などが同様の要請を行ったが、医療従事者の不足などを理由に病床確保は進まず、病院名公表にも至らなかった。

 2020年度は医療機関に計1兆1400億円超の補助金が支払われている。厚労省は都道府県を通じた実態調査を行い、補助金をもらっているのに正当な理由なく患者を受け入れない医療機関を補助金の対象から外す可能性も示唆した。国と自治体の実行力が問われている。

zakzak

  1. みずほは「F」「D」「I」に3分裂か OBに根強い旧行意識
  2. 野田氏「夫を信じている」 週刊誌報めぐり
  3. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」
  4. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  5. 河野氏の年金改革案めぐりバトル勃発 「大増税」の可能性も…野田氏「保険料を払っている人があなたの発言で非常に不安になる」