【ギモン解消!!ワクチン接種Q&A】若年層の接種率を向上させるには? - イザ!

メインコンテンツ

ギモン解消!!ワクチン接種Q&A

若年層の接種率を向上させるには?

医師でジャーナリストの村中璃子氏(提供写真)
医師でジャーナリストの村中璃子氏(提供写真)

 国内のワクチン接種は高齢者を中心に累計1億回を超えたが、流行をコントロールするためには国民全体の接種率をさらに上げる必要がある。「ワクチンは絶対接種しない」という不動の層もあるが、対策はあるのか。独ベルンハルト・ノホト熱帯医学研究所研究員で医師の村中璃子氏に聞いた。

 --日本の予防接種をめぐる環境は

 「1994年に予防接種法が改正され、ワクチン接種は従来の『社会防衛』から『個人防衛』に、『義務』から『勧奨』に変わりました。国や政府から強く推奨するのが難しい現状があります」

 --接種率を上げる妙案は

 「どの国にも『ワクチンは絶対に接種しない』という人たちが必ず10%くらいいますが、今はその人たちに構っている余裕はありません。ワクチンが殊更に嫌いなわけでも好きなわけでもない、大多数のごく普通の人たちに、いかに接種を促していくかがカギとなるでしょう」

 --具体的にはどんな取り組みが考えられるか

 「たとえば、欧州では接種証明もしくは陰性証明がなければ、域内の旅行もできない状況です。フランスのように接種を義務化した国もありますが、移動などごく当たり前のことが接種を前提にしかできない体制をつくることで、自然と接種を促すのも手です。ドイツではこれまで接種できていない人に不利益が生じないよう、陰性証明のための抗原検査は無料でしたが、10月半ばからは接種の推奨されていない子供と妊婦を除いては有料となり、接種証明がないため陰性証明が必要となるワクチン未接種者は自費になります。供給不足が解消されても接種を控える人がいる中、さらなる接種を促すことが目的です」 

zakzak


  1. おかえりモネ、部屋から出た「宇田川さん」に膨らむ視聴者の予想「ブッキー説を提唱」「宇田川さんは妻夫木でしょ?」の声
  2. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  3. NHK大河ドラマ「青天を衝け」9月19日第27話あらすじ 駿府の財政改革に乗り出す栄一、箱館では喜作と土方が…
  4. 【大韓航空機爆破30年】実行犯の金賢姫元工作員インタビュー 「めぐみさんは金正日一家の秘密を知ってしまった」