萩野公介、現役引退 瀬戸大也との決勝がラストレースに/競泳

サンスポ
東京五輪 男子200メートル個人メドレー決勝 レース後に笑顔で健闘を称えあう瀬戸大也、萩野公介(右)=2021年7月30日、東京アクアティクスセンター(撮影・恵守乾)
東京五輪 男子200メートル個人メドレー決勝 レース後に笑顔で健闘を称えあう瀬戸大也、萩野公介(右)=2021年7月30日、東京アクアティクスセンター(撮影・恵守乾)

2016年リオデジャネイロ五輪競泳男子400メートル個人メドレー金メダルの萩野公介(27)=ブリヂストン=が現役を引退することが24日、関係者への取材で分かった。所属先などへの報告も済ませた。今後は未定も、大学院進学などを検討している。

栃木・作新学院高3年だった12年のロンドン五輪に初出場し、400メートル個人メドレーで銅メダル。リオ五輪は400メートル個人メドレーで頂点に立ったほか、200メートル個人メドレーで銀、800メートルリレーで銅メダルを手にした。

大会後にプロ転向も、不調に陥り19年は一時休養。1年延期となった東京五輪の代表に入ったが、同五輪は200メートル個人メドレーで6位だった。長年ライバルとして競い合った瀬戸大也(27)=TEAM DAIYA=と一緒に泳いだ同種目決勝が現役最後のレースとなった。

  1. あすの「カムカムエヴリバディ」1月20日第56話あらすじ 東京の笹川邸で生活することになったジョー、会えないるいに悪い噂が…

  2. あすの「カムカムエヴリバディ」1月19日第55話あらすじ ジョーからの提案を竹村夫妻に話せず悩むるい

  3. 「カムカムエヴリバディ」 ジョーがホットドッグ好きな理由が判明 「二人を定一さんが結びつけた」「今日のランチは…」

  4. 唐田えりか、東出昌大と初キスシーン「本当に『好き』と思っていたので」

  5. 「カムカムエヴリバディ」 「黍之丞=吉備のジョー」との解釈に「あっ…」「そっか!」「なるほど!」と膝打つ視聴者