【新型コロナ感染爆発 自宅で死なないために】自宅療養に必要なものは? 重要な「酸素飽和度」の把握 - イザ!

メインコンテンツ

新型コロナ感染爆発 自宅で死なないために

自宅療養に必要なものは? 重要な「酸素飽和度」の把握

指先で血液中の酸素濃度を測るパルスオキシメーター(コニカミノルタ提供)
指先で血液中の酸素濃度を測るパルスオキシメーター(コニカミノルタ提供)

 もはやデルタ株の感染爆発により、コロナ感染して発症しても、よほど重篤でない限り自宅療養しか選択肢はありません。ホテル療養、入院療養など、軽症者も中等症者も、運がよくなければできないと思っていいでしょう。

 そこで、自宅療養する場合、どうしたらいいのか。東京都では、自宅療養者(同居者も含む)向けのハンドブックをつくり、福祉保健局のサイトからダウンロードできるようになっています。

 ここでまず言われているのは、自宅療養者が守るべきことです。それは、「外出しない」「鼻をかんだテッシュなどはポリ袋に入れ、口をしばって部屋から持ち出す」の2点。同居者がいる場合は、「同居する方とは生活空間を分け極力個室から出ない」「部屋を出るときは、手をアルコールで消毒しマスクを着用する」「1時間に1回、窓を5~10分くらい開け、部屋の換気を行う」となっています。

 次の8つのポイントも挙げられています。

 (1)部屋を分ける(2)感染した人の世話をする人はできるだけ限られた人にする(3)感染した人や世話をする人はお互いにマスクをつける(4)こまめに手を洗う(5)日中はできるだけ換気をする(6)手のよく触れる共用部分を掃除・消毒すること(7)汚れたリネン・衣類を洗濯する(8)ゴミは密閉して捨てる

 以上、すべて基本的なことばかりで、生活方法にすぎません。つまり、症状を改善することに関しては書かれていません。確立された治療方法がないからです。現状では、使用が承認された治療薬はいくつかありますが、いずれも新型コロナ感染症のために開発されたものではありません。しかも、医師の判断がなければ使用できません。

 現在、承認されているのは、抗ウイルス薬の「レムデシビル」、ステロイドの「デキサメタゾン」、関節リウマチ薬の「バリシチニブ」、中和抗体薬の「抗体カクテル=カシリビマブとイムデビマブの2種類の抗体を混ぜたもの」です。

 このうち、国は「抗体カクテル」を推奨しますが、点滴使用のため自宅療養では不可能です。ほかの承認薬も、入院しないと使えません。ただ、いずれ訪問診療で使えるようになる可能性があります。海外で使用され効果があるとされた抗寄生虫薬の「イベルメクチン」は、ネット通販などで買えますが、保険適応外です。

 したがって、自宅療養者が行えるのは対症療法しかありません。常に体温を測り、熱が高くなったら、市販のカロナールなどの解熱剤を飲む、咽頭痛があったらトランサミンを服用するなどです。

 また、ビタミン不足に陥りやすいので、ビタミンD、ビタミンB群、ビタミンCなどの錠剤、サプリを意識して飲むこともいいでしょう。

 そして、症状の悪化を見逃さないために「パルスオキシメーター」で、常に血液中の「酸素飽和度」をこまめに測り、急激に下がったり90を切ったりした場合、すぐに保健所に連絡するようにする必要があります。

 新型コロナ感染症では、呼吸困難の自覚のないまま呼吸状態が悪化するハッピー・ハイポキシア(幸せな低酸素血症)という状態が起こるケースがあります。そのため、酸素飽和度は、本当に重要なのです。

 パルスオキシメーターは簡単な装置で、ホルダーに指先を入れることでデジタルで自動的に数値が表示されます。この数値が「96以下」になると危険信号で、東京都は入院の目安にしています。

 パルスオキシメーターは自宅療養患者に貸し出してくれる自治体もありますが、通販などで手に入ります。ただ、価格は数千円から数万円まであり、安すぎる機種だと精度が落ちるので注意が必要です。

 ■富家孝(ふけ・たかし) 医師、ジャーナリスト。1972年東京慈恵会医科大学卒業。病院経営、日本女子体育大学助教授、新日本プロレスリングドクターなど経験。「不要なクスリ 無用な手術」(講談社)ほか著書計67冊。

zakzak

  1. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」
  2. たばこ値上げ、約61%が「禁煙しない」 決意する価格は?
  3. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  4. コロナ収束後、「ないままでいい」飲み会 3位「新年会」、2位「会社の定期飲み会」、1位は?
  5. 中村玉緒の息子・鴈龍さん、孤独死していた…55歳