【ギモン解消!!ワクチン接種Q&A】「ブースター接種」の意義と安全性 気になる副反応とワクチンの組み合わせ - イザ!

メインコンテンツ

ギモン解消!!ワクチン接種Q&A

「ブースター接種」の意義と安全性 気になる副反応とワクチンの組み合わせ

医師でジャーナリストの村中璃子氏
医師でジャーナリストの村中璃子氏

 「ブースター接種」といわれるワクチンの追加接種を決める国が相次いでいる。日本も来年の3回目接種を検討するが、副反応やワクチンの組み合わせなども気になるところだ。独ベルンハルト・ノホト熱帯医学研究所研究員で医師の村中璃子氏に聞いた。

 --ブースター接種とは

 「ワクチンの基本は“初期化+ブースト”の2回接種です。1回目の接種では標的とすべき新型コロナウイルスを免疫系に教え(初期化)、2回目の接種でその標的を攻撃する抗体を大量に作るよう指令を出します(ブースト)。2回接種しても抗体の付き方が不十分な場合、時間と共に減っていく場合には、さらにもう1回ブースター接種することもあります」

 --繰り返し接種することで副反応が強まる可能性は

 「1回目の接種よりも2回目の接種で副反応が強いことから、3回目の接種における副反応を懸念する声はあったものの、イスラエルで3回目の接種を受けた4500人を対象としたアンケートでは、発熱や関節痛などの副反応は2回目接種時と同程度との報告が発表されています。一方、アナフィラキシーや心膜炎・心筋炎など、まれだが重い副反応の頻度、長期的な副反応などについてはまだ分かっておらず、注意深く見ていく必要があります」

 --異なる種類のワクチンによるブースター接種も

 「2回目接種で多いアストラゼネカ製のワクチンの血栓の副反応を回避するため、1回目にアストラゼネカ製を接種した人のブースター(2回目)接種は、ファイザー製やモデルナ製のmRNAワクチンで行うとしている国もあります。1回の接種で済むが有効率が劣るジョンソン&ジョンソン製を接種した人や、特にデルタ株に対する効果の低い中国製ワクチンを接種した人の2回目、3回目接種にmRNAワクチンの使用を認めた国も多くあります」 

zakzak

  1. みずほは「F」「D」「I」に3分裂か OBに根強い旧行意識
  2. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  3. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」
  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  5. 次の自民党総裁にふさわしいのは誰? 高市前総務相が衝撃の「81%」 菅首相の11・9%を7倍近く引き離す 夕刊フジ・zakzak緊急アンケート