【男性力をアップするコミュニケーション術】50歳からイキイキする人・枯れる人 財産と幸福度は必ずしも比例しない - イザ!

メインコンテンツ

男性力をアップするコミュニケーション術

50歳からイキイキする人・枯れる人 財産と幸福度は必ずしも比例しない

 50歳を超えて同世代の仲間と会うと、あることに気づく。「イキイキとしている人」と「枯れている人」がはっきり分かれるということだ。

 私なりに分析した結果、イキイキしている人は「好きで得意なことをしている」「友愛のある良好な人間関係の中で生きている」「最低限のお金に困っていない」の3つの要素を兼ね備えている。

 イキイキと活動している人と枯れた生活をしている人。あなたはどちらの人だろうか?

 ■大切なのは幸福度指数

 最初に認識しておきたいのは、財産と幸福度は必ずしも比例しないということだ。数億円レベルの大金を手元に持っている人でも、幸福度指数が低い人は確実にいる。事業で成功し、すべてを達成したはずのゴールのその先で途方に暮れていることがある。

 損得勘定抜きに、本当にドキドキワクワクすることをしているかどうか? 分かり合える家族や友達がいるか? その2つがなければお金を得ても本末転倒。もちろんお金は大切だが、最低限の収入を得たならば何が本当の幸せか考えることが大切だ。

 ■自分の居場所は自分でつくる

 「早期退職、役職定年、定年退職」の後は、自分で「人生の舞台」をつくらなければならない。夢を見ることは若者だけの特権ではない。人生の折り返し地点である50代こそ、夢を見て「自分の舞台」をしっかりつくらなければならないのだ。

 ■まずは「好きで得意」に気づく

 与えられた仕事をずっとこなしていると、自分が何が好きなのかがわからなくなる。「好き」を感じる感覚が死んでしまうのだ。

 自分の好きに気づくためには、例えば週末の3日間、一人旅などで自分を自由に泳がしてみてほしい。見知らぬ土地に行って、感性を全開にすることで自分の「好き」に気づける。その気づきの中に50代からの「夢のタネ」が埋もれている。

 ■夢を見るには「体力」が必要

 ある程度の財産や知識やスキルがあっても、50代が生きることを楽しむには「体力」が必要だ。50歳を過ぎると、筋肉は目に見えて衰え、ほうっておくと将来寝たきりになる可能性もある。

 今までは、知識や経験、お金をためてきたが、これからは“筋肉貯金”をしよう。何事も体が資本だ。

 ■50歳からの俺活コミュニティで夢を見つけよう

 50歳から夢を見たい!という人は、筆者が夕刊フジの後援で始める「50歳からの俺活(おれかつ)コミュニティ」=写真=への参加をおすすめしたい。

 「大人の夢の語り場」をテーマに、参加者がそれぞれの夢を語り、その夢をどうしたら実現できるかのアイデアの交換する場所だ。否定は厳禁の場だから、どんな夢やアイデアを語ってもOK。会社のつまらない会議に疲れている人は、ここで思いっきり夢の羽根を伸ばしてほしい。

 コミュニティは9月スタート予定。詳細は当欄で順次紹介していくので期待していただきたい。

 ■潮凪洋介(しおなぎ・ようすけ) エッセイスト・作家。「男の色気のつくり方」「もういい人になるのはやめなさい」など著書73冊(計172万部)。ライフワーククリエイト協会を設立し、「“サードプレイス”で好きなライフワークをしよう」をテーマに講演。毎朝8時、「自分の壁の壊し方」無料メルマガ配信中。

zakzak

  1. みずほは「F」「D」「I」に3分裂か OBに根強い旧行意識
  2. ファーウェイCFO逮捕でバレてしまった「中国という国の本質」
  3. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  4. 【住宅クライシス】タワマン管理契約と修繕工事の深い関係