LiSAも病室に駆けつける 夫・鈴木達央が救急搬送、「謝罪なし」の真相 - イザ!

メインコンテンツ

LiSAも病室に駆けつける 夫・鈴木達央が救急搬送、「謝罪なし」の真相

ポストセブン
LiSAは夫の不倫に続き、救急搬送と悲痛な出来事が立て続けに
LiSAは夫の不倫に続き、救急搬送と悲痛な出来事が立て続けに

2年連続となる紅白出場に、日本レコード大賞の受賞、そして結婚。2020年はLiSA(34才)にとって躍動の年だった。そして、その躍動は、2021年にさらに大きなものへと成長していくはずだったが、そんな期待を崩したのが夫の不倫報道。その事実を悲しむ暇さえ与えてくれない、さらなる悲報が彼女の元に届いていた。

『鬼滅の刃』のアニメ主題歌『紅蓮華』や、劇場版主題歌『炎』を歌い、いまや国民的人気歌手となったLiSA。7月31日、神奈川・横浜市にて行われたライブは自身のソロデビュー10周年を祝うツアーということもあり、LiSAはステージの四方を囲んだファンに対し、「私はみんながいるから大丈夫、みんなも私がいるから大丈夫」と熱いメッセージを送る。しかし、去り際にこう語ったのだ。

「家は嫌だなぁ」

そして、横浜2日目の8月1日。この日もLiSAの気になる発言は続く。

「最低な日の次の日に最高な日があるってすごくない!?」

その裏で、LiSAの一日を“最低な日”にした張本人である、夫で声優の鈴木達央(37才)は人知れず、“けじめ”をつけようとしていた──。

夫の鈴木の“ゲス不倫”を『文春オンライン』が報じたのは7月30日のことだった。

「不倫相手は鈴木さんの仕事仲間でファンでもあった20代の女性です。東京・渋谷区内のシティーホテルを頻繁に使っていただけでなく、LiSAさんの不在時に自宅にも連れ込んでいました。しかも、ミュージシャンでもある彼は、業界的には絶対にNGである公開前の音源を不倫相手に聴かせるなど、仕事上の信頼が失墜する事実まで報じられたのです」(芸能記者)

LiSAの人気が右肩上がりのときに、そして、昨年1月に結婚してからまだ2年経っていないなかでの不貞に衝撃が広がった。

「でも、鈴木さんの遊び癖は声優業界では有名で、今回の件を『やっぱりな……』と捉えた人は多いと思います」

と語るのは、鈴木をよく知るアニメ業界関係者。

「彼は声優キャリアも長く、仕事の評価はとにかく高い。その証拠に、『東京リベンジャーズ』や『黒子のバスケ』など数多くの人気アニメの主要キャラに抜擢されています。ただ、酒癖と女癖にとにかく問題があった。過去に、声優の女性と交際していたことがありましたが、浮気が何度バレても反省しないし、朝まで飲んで彼女に迷惑を掛けることも。『おれら役者は品行方正ではいけない』と話し、昭和の豪快な俳優・声優に憧れを抱いている人なんです」

そして、鈴木をよく知るこの人物からすれば、結婚当初から言われ続けていた“格差婚”という言葉に違和感があったという。

「国民的な認知度でいうと、一気にLiSAさんが突き抜けましたが、収入的には鈴木さんもかなりの額をもらっていました。彼は比較的ギャラの高いゲーム作品にも携わっていましたしね。しかし、世間の目はそこまで届かない。“格差婚”と言われ続けた挙句、自分のことを高く評価してくれる“声優村”の同業者やファンの女性に連絡を取るようになってしまったのでしょう」

◆逃げ腰な対応に非難が

とはいえ、同情の余地がないのも事実。不倫報道は、鈴木が想像する以上の“炎上”をもたらした。不倫相手の女性が非公開のアカウントとはいえ、SNS上でLiSAや鈴木の名前を出しながら、不倫について得意気に語っていたことも要因の1つだが、それ以外に、鈴木の口から一切の謝罪の言葉がないことも大きな火種となっている。

「会見はおろか、事務所を通しての謝罪やSNSでの発信もなかった。8月4日になって、事務所ホームページに《先日より体調不良が続いており、通常通りの活動が困難な状況にあるため、当面の間、活動を休止させていただく事となりました》という“報告”が掲載されただけ。この対応があまりに自分勝手で逃げ腰だと非難が集中しました」(前出・芸能記者)

鈴木の長い沈黙に対し、《嘘だと言ってほしい》《達央さんの口から説明してもらえるまで信じない》と一縷の望みをかける、鈴木の熱烈なファンまで出てきた。

「しかし、このときはすでに、鈴木さんは謝罪の言葉を発信できるような状態ではありませんでした」

こう語るのは、声優業界関係者だ。

「報道前後から、事務所の担当者がいくら接触を図っても、鈴木さんと話すことができなかったようなのです」

ショックを受けての雲隠れか。事実から目を背けて東京から離れてしまったのか──関係者の間で、いろいろな憶測が飛び交った。しかし、事は最悪な方向へと進んでいくことになる。

◆病室に駆け付けたLiSA

「8月初旬、不倫報道から間もないタイミングで、鈴木さんが自殺を図り、東京・港区内の病院に救急搬送されたのです。その後、少なくとも2週間近くは入院生活が続いていたと聞いています」

そう語るのは、前出の鈴木をよく知るアニメ業界関係者。

「一時は人工呼吸器も付けられ、生死をさまようほどだったようです。彼なりに思い詰めていたのでしょうが、反省の気持ちをこのようにして表してしまうと……。自宅とは別の現場で自殺を図ったため、事実を知るまでに少し時間は掛かりましたが、LiSAさんも搬送先の病院に駆け付けたと聞いています。夫の不倫を知ってひどく落ち込んでいた矢先に、その夫が自殺未遂で救急搬送されたわけですから、精神的負担は計り知れません」

LiSAは、8月7、8日に予定していた福岡でのライブの中止と、心身疲労による一部の活動休止を公式サイトで発表した。鈴木の活動休止発表と同じ、8月4日のことだ。鈴木の事務所に、自殺未遂の経緯などを聞いたが、

「発表の通り、体調不良でございます。症状につきましてはプライバシーにかかわりますので回答を控えさせていただきます」

と回答するのみ。さるレコード会社関係者はLiSAを心配しながらこう語る。

「彼女はとても繊細な人なんです。今回のことも怒りというより悲しみの方が深いと思う。それは、LiSAさんが小学2年生のときに、両親が離婚して父親が突然家を出て行ってしまったことも影響しているでしょうね。このとき、彼女は“家族も裏切るんだ”という喪失感に苛まれた。その経験からか、愛することや愛されることなどに、彼女はどこか不信感を持っていたように見えるんです。

そんなLiSAさんが、ようやく信頼できる人として結婚を決めた鈴木さんに裏切られたのだから、本当に心配です」

LiSAは過去のインタビューで歌うことについて、《なんにも考えなくていい時間。あと、自分じゃないものになれてる感じがあったのかな》と答えている。悲しみの淵にいる自分から離れ、何も考えずに歌うLiSAの輝く姿。ファンのみならず日本中の誰もが幸せを願っている。

※女性セブン2021年9月2日号

関連記事
  1. おかえりモネ、部屋から出た「宇田川さん」に膨らむ視聴者の予想「ブッキー説を提唱」「宇田川さんは妻夫木でしょ?」の声
  2. 「ガラケー」に迫る終焉 携帯3G、来年から各社で終了
  3. コロナワクチン「間違った打ち方」で抗体が不十分となるリスクも