巨人移籍後初アーチも…中田翔の即出場に渦巻く賛否 わずか9日の「無期限試合出場停止処分」 入団会見に球団旗なかったワケ - イザ!

メインコンテンツ

巨人移籍後初アーチも…中田翔の即出場に渦巻く賛否 わずか9日の「無期限試合出場停止処分」 入団会見に球団旗なかったワケ

 これで万々歳とはなりそうもない。同僚選手への暴力行為に伴い日本ハムから無償トレードで巨人に移籍した中田翔内野手(32)が22日のDeNA戦(東京ドーム)で初スタメン。移籍後初安打となる2ランを放つなど、劣勢のチームを蘇らせ、試合を4-4の引き分けに持ち込んだ。だが、日本ハムが今月11日に中田に科した無期限出場停止処分の発表からわずか9日目にして処分は解かれ、チームを変えての試合出場には賛否が渦巻いている。 (片岡将)

 ◇

 中田の「5番・一塁」での先発が場内アナウンスで発表されると、どよめきと大きな拍手が送られた。見逃し三振、二飛で迎えた1-4の7回、1死二塁の好機でDeNA左腕の今永から左翼席上段へ一発。「こうやって大きな拍手をジャイアンツファンの皆さんからいただけると思っていなかった。本当に感謝しかないというか、本当に当たり前のことではないと思うので、本当にありがたいなという気持ちで1周していました」とホッとした表情を浮かべた。

 前日21日は代打から2打席に立たせた原辰徳監督(63)は初のスタメン起用に「最善策という中で彼を使った」と多くは語らなかったが、4番・岡本和の後続打者が課題だっただけに、大きな手応えを得た様子。だが、この起用には大逆風が巻き起こっている。

 4日に行われたDeNAとのエキシビション戦前に同僚に暴行し、11日に日本ハムから1、2軍の全試合の出場停止処分を科されたが、わずか9日で禁を解かれ巨人に移籍。ルール上は試合出場に支障はないが、中田自身と巨人を批判する声はかまびすしい。

 この状況に球団幹部は「チーム内でも、もちろん議論はあったし、簡単な話ではなかった。日本ハムが『もう抱えきれない』というのなら、日本ハムがオフまで謹慎させて、自由契約になったうえで迎え入れるのが正しいんじゃないかとも考えた」と説明。一刻も早く中田を放出したい日本ハムの要望を、巨人が飲んだという。

 中田の年俸3億4000万円(推定)は巨人に引き継がれ、今月20日から11月30日までの日割り分、約1億1500万円が巨人の負担となる。前出の幹部は「日本ハムでの行為の責任を取って、こちらが給与を支払って謹慎させるというのはあり得ない」と強調するが、これはもっともな話。巨人はこうするしかなかった。

 反発を呼んでいることの1つに、移籍前に日本ハム側で謝罪会見が行われなかったことがある。巨人の球団事務所で暴力行為の謝罪と移籍会見が同時に行われる、異様な事態となった。

 巨人OB会長でもある中畑清氏は、テレビ東京のYouTubeで「ジャイアンツが手を挙げてくれました、よかったね! チャンチャン…ということではないと思うんだよ」「トレードする前に監督や球団が中田を交えて『世間を騒がせて申し訳ない』と謝罪会見なり、説明をするべきだった。(日本ハムは)ちゃんとした手順を踏んでけじめをつけるべきだった」とファンの声を代弁した。

 別の巨人球団関係者は「どう考えてもあちらで謝罪会見をして、こちらでは入団会見だけをするのが筋でしょう。でも、日本ハムが『こちらでは会見させない』と頑なだった」と裏事情を明かす。本来なら華やかな入団会見時に、後ろの壁に巨人の球団旗を掲げなかったのは、あくまで日本ハムでの不始末を謝罪していることを強調していたからだった。

 巨人は商談相手の失策に振り回され世間の批判を押し付けられ、火の粉を被った形。日本ハムは高給取りのベテラン選手を体よく厄介払い。だが、応援し続けた主砲との惜別の機会を奪われたファンの気持ちと、道理を置き去りにしたしっぺ返しがあるはずだ。

zakzak



  1. 「日本企業は出ていくのか?」 危機感強める中国当局
  2. コロナ収束後、「ないままでいい」飲み会 3位「新年会」、2位「会社の定期飲み会」、1位は?
  3. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人
  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」