朝ドラあすの「おかえりモネ」8月24日第72話あらすじ 永浦家を訪れる亮と新次 - イザ!

メインコンテンツ

朝ドラあすの「おかえりモネ」8月24日第72話あらすじ 永浦家を訪れる亮と新次

永浦百音役を演じる清原果耶 (C)NHK
永浦百音役を演じる清原果耶 (C)NHK

宮城県の気仙沼湾沖の島で生まれ育ったヒロインの永浦百音が天気予報の魅力を知り、気象予報士として成長していく姿を描く「おかえりモネ」(NHK総合など)。女優・清原果耶が主演を務める同作の第72話が24日、放送される。

ドラマは第15週「百音と未知」が放送中で、百音のもとに、妹の未知(蒔田彩珠)がやってきた。

先週の第14週で、百音の父、耕治(内野聖陽)と祖父、龍己(藤竜也)が上京。そこで、若手医師、菅波光太朗(坂口健太郎)が百音と近しい関係であることがわかった。2人からから菅波の存在を聞いた母の亜哉子(鈴木京香)は、百音の詳しい状況を知るため、未知を百音がいる築地へと送り込んだ。

第71話(23日放送)で、耕治と龍己に続き、東京にやってきた未知は、早速、百音に「菅波に会いたい」と要望する。百音は、未知に応えるかたちで菅波と会う約束をした。

一方、百音はキャスターデビューの日が近づき、リハーサルに臨んだが、その出来はボロボロだった。迎えた本番当日。気仙沼の家族や、かつての下宿先の家主、新田サヤカ(夏木マリ)をはじめとする登米の人々が、テレビの前で、百音の登場を期待と不安の面持ちで待っていた。

百音のキャスターデビューは大成功に終わった。しかし、気象キャスターとして同じ日にデビューした同僚の神野マリアンナ莉子(今田美桜)の出来は散々で、初めての本番は大失敗に終わってしまう。

第72話で、百音、マリアンナ、同僚の内田衛(清水尋也)、野坂碧(森田望智)は、明日のリベンジを誓う。そんな4人を見て、マリアンナにキャスターの座を譲った気象予報士の朝岡覚(西島秀俊)は安堵する。

同じころ、百音の幼なじみの及川亮(永瀬廉)とその父、新次(浅野忠信)が、気仙沼の永浦家を訪ねていた。そこに現れたのは、新次の亡き妻、美波(坂井真紀)の母、フミエ(草村礼子)だった。


  1. みずほは「F」「D」「I」に3分裂か OBに根強い旧行意識
  2. 野田氏「夫を信じている」 週刊誌報めぐり
  3. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」
  5. 河野氏の年金改革案めぐりバトル勃発 「大増税」の可能性も…野田氏「保険料を払っている人があなたの発言で非常に不安になる」