「5つの架空アカウントに操られた男」群馬・強盗殺人 怪事件の全貌「実在しない女が結婚をちらつかせ…」 - イザ!

メインコンテンツ

「5つの架空アカウントに操られた男」群馬・強盗殺人 怪事件の全貌「実在しない女が結婚をちらつかせ…」

ポストセブン
裁判員裁判が開かれた、前橋地裁。事件は複雑怪奇なものだった
裁判員裁判が開かれた、前橋地裁。事件は複雑怪奇なものだった

ちょうど1年前、群馬県で一件の強盗殺人事件があった。しかしその実態は、“小説より奇なり”を地で行くような事件だった。「5つの架空アカウント」「架空の女に操られた実行犯の男」「集められた自殺願望の女性」「元カレへの報復」──裁判を傍聴し、事件の当事者にも取材したジャーナリストの高橋ユキ氏がリポートする。

* * *<br />

SNSで自殺志願者を集めた集団自殺でもなければ、純粋に金銭目的の犯行でもなかった。実行犯に仕立て上げられた男が法廷で語った事件の全貌は、にわかに信じられないような複雑怪奇なものだった。

群馬県中之条町で昨年8月、自殺願望があったとされる女性Aさん(48=当時)が殺害され、所持品を奪われた事件で、強盗殺人罪などに問われた小船治(35)の裁判員裁判が今年7月、前橋地裁で開かれた。すでに懲役27年の判決が確定しており、現在は受刑者となっている(求刑懲役30年)。

起訴されたのは、小船受刑者と、埼玉県の無職・山本結子被告(31)。山本被告がSNSで練炭自殺をするかのように装い、集めた2人のうち1人が、事件の被害者となったAさんだった。

法廷で見た小船受刑者は長身で恰幅がよいが、着ている黒いシャツはまるで裁判官が着用する法衣のようにブカブカだ。もともと130kgほどの体重があったというから、勾留生活で痩せたのだろう。首元や指などいたるところにタトゥーが入っている。

一連の事件は、このガタイのいい小船受刑者が計画していたものではなく、女である山本被告が主導していた。なんとSNSで複数の「架空のアカウント」を駆使し、小船受刑者を意のままに操っていたのである。7月19日に前橋地裁で開かれた小船受刑者の判決公判において、水上周裁判長もこう認めていた。

〈被告人は山本がなりすまし、または偽装したアカウントによる被告人への嫌がらせや結婚の約束などを信じ……〉(判決より)

山本被告が犯行を主導した目的は、金ではなく「元カレへの報復のため」だったと判決では述べられていた。しかしなぜ、元カレへの報復として、無関係の女性を殺害するのか。架空のアカウントとはいったい何なのか。判決言い渡し後の小船受刑者に取材を申し込むと、ことの次第が詳細に綴られた手紙が複数届いた。

もともと小船受刑者と山本被告は、事件直前にマッチングアプリで知り合った。といっても、お互いに恋愛感情はなく、同じスマホアプリを楽しむ仲間としての“友達付き合い”だったという。離婚したばかりだった小船受刑者は、山本被告に女性を紹介して欲しいと頼んだところ、友人だとする「実(みのり)」という女性のアカウントを紹介された。この「実」は山本がなりすましていた架空の人物で、事件にも深く関わっていくことになる。

山本被告が事件のために作ったアカウントはこの「実」だけではない。同じく架空の人物である「実の父親」も作られた。さらに山本被告はSNS上で「元カレ」「元カレの母親」「元カレの交際相手」にもなりすまし、計5つにも及ぶ架空の人物のアカウントを駆使して、小船受刑者を操っていった。<br />

小船受刑者によれば、山本被告が元カレに恨みを抱くようになったきっかけは、一連の事件を起こす直前に、山本被告が、飼っていた二匹の犬とともに、元カレの家を追い出されたことだという。

「山本は元カレのクレジットカードを不正利用しトラブルになり、元カレの両親から、家を出ていくように言われました。山本からLINEで『迎えに来て欲しい』と頼まれました。私は昔から、人が困っていたりすると、人助けをしたくなり、その時も、困っているなら1日ぐらい家に泊めてもいいか、と思い、私は車で2時間30分もかけて、山本を迎えに行きました。その後山本から犬一匹を預かって欲しいと言われ、人助けのつもりで飼い始めました」(小船受刑者の手紙から)

追い出されたことから元カレを逆恨みした山本被告は、復讐のために“事件を起こし、元カレに罪を着せる”ことを考えたのである。自分の手を汚さぬよう、小船受刑者に実行させるため、先の5つのアカウントをフル活用した。

「山本は元カレ、元カレの母親、元カレの元交際相手になりすまし私に嫌がらせのLINEをしてくるようになりました。その内容が『犬どろぼう』という内容でした。山本のかわりに私が飼い始めた犬のことです」(同前)

泥棒扱いして小船受刑者にも元カレ家族への悪感情を植え付けたところで、架空のアカウント「実の父親」が登場する。

「実」が山本被告の元カレから嫌がらせを受けているという設定で、「元カレの殺害を計画していて、それに協力すれば、今より給料のいい仕事を紹介し「実」との結婚も認め、住む場所の手配もする」とささやき、その気にさせていったのだという。「実」は、実行を躊躇し一度は抜けようとした小船受刑者に対し「意味がわからない。あなたがやらないなら、私が自殺するだけ」などと送信して、けしかけた。「実の父親」も「やらないなら、ヒットマンを雇った100万円を払え」などと追い込んでいく。

「脅しをくらい、私自身、やらないと何をされるかわからないと考えてしまったのです」

と、小船受刑者は振り返る。当初は、Aさんを殺害したのち、その遺体と免許証を山本被告の元カレの家に置き、元カレ宅を放火することで元カレを殺人犯に仕立て上げる計画だったが、殺害時にAさんは橋から落とされ亡くなってしまったから、遺体が手元になくなった。そのため、Aさんの免許証だけを置いて放火するという計画に変わったが、これも未遂に終わっている。

嫌がらせをしていた山本被告の「元カレ」一家、そして結婚を夢見ていた女性「実」、その「父親」、すべてが山本被告ひとりで作り上げた、なりすましや架空アカウントだったことを小船受刑者が知ったのは、逮捕された後の取り調べでのことだ。

小船受刑者に面会取材を申し込み、その時の気持ちを尋ねると、こう語った。

「ショックというより……全てを知った時に、自らのやったことの重大さを知り、そこから、嘘をつかずに全て話すことを決めました」

前橋地裁の裁判員裁判でも、同じように「どんな理由があっても、人を殺めてはいけないのに、殺めて反省している」と語っていた。

「実」や「実の父親」とのやりとりは、途中からLINEだけでなくテレグラムというアプリでも行われていた。一定期間が過ぎればやりとりが消えてしまうため、特殊詐欺や薬物取引などの連絡にも悪用されることがあるアプリだ。そのため、携帯電話にテレグラムの通信記録は残っていない。小船受刑者の自白により、事件の全貌が明らかになったのだが、とはいえ判決では「架空の話を信じ込んだ男は各犯行のほぼ全てを実行し、役割は大きい」と指摘されている。

小船受刑者は今回取材を受けた理由を手紙にこう綴っていた。

「事件の真相を世の中の皆様にわかってもらいたい。もちろん、私がやってしまったこと、それは決して許されることではありません。何の罪もない人の命を殺めてしまっているので、私が今できること、それは私自身の公判でも言いましたが、真実を語り続けることだと思っています」

架空のアカウントを使って小船受刑者を操っていた山本被告の公判は今後開かれる見込みだ。

関連記事
  1. みずほは「F」「D」「I」に3分裂か OBに根強い旧行意識
  2. 野田氏「夫を信じている」 週刊誌報めぐり
  3. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」
  4. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  5. 河野氏の年金改革案めぐりバトル勃発 「大増税」の可能性も…野田氏「保険料を払っている人があなたの発言で非常に不安になる」