笑福亭仁鶴さん“爆笑王”伝説と愛妻秘話 84歳、骨髄異形成症候群で死去 「視聴率を5%上げる男」全国区で活躍 - イザ!

メインコンテンツ

笑福亭仁鶴さん“爆笑王”伝説と愛妻秘話 84歳、骨髄異形成症候群で死去 「視聴率を5%上げる男」全国区で活躍

 今月17日に骨髄異形成症候群のため84歳で死去した落語家の笑福亭仁鶴さん。上方落語の重鎮で、長年にわたりラジオやテレビでも活躍。「どんなんかな~」などのギャグで人気を博したタレント落語家の先駆けながら、確かな技量で“爆笑王”とも称された。

 「長年連れ添った“隆子姫”(妻の岡本隆子さん)が2017年に亡くなって以降、体調を崩すことが多くなりました。隆子姫にずっと支えてもらってきたんでしょうね」と演芸ジャーナリストのやまだりよこ氏。

 『バラエティー生活笑百科』(NHK)や『大阪ほんわかテレビ』(読売テレビ)への出演も見合わせていた。亡くなる前日まで仕事への意欲を見せるなど体調は安定していたが、容体が急変し帰らぬ人となった。

 「懐が深くて、ひょうきんな人で、爆笑芸はめちゃくちゃ面白かったですよ。ライバルはやっぱり同じように爆笑を取る桂枝雀さんだったと思います」とやまだ氏。

 「テレビやラジオでの活躍で吉本興業の“中興の祖”ともいわれています。六代目桂文枝さんや西川きよしさんら重鎮がいますが仁鶴さんは吉本でも別格でした」とも。

 初代桂春団治のSP盤で落語に目覚め、素人参加番組で頭角を現すと、六代目笑福亭松鶴に師事。高座で芸を磨く一方、深夜ラジオにも進出した。『ABCヤングリクエスト』(朝日放送ラジオ)に出演し、機関銃のようなトークではがきを紹介するスタイルが若者に支持された。

 代表的なギャグ「どんなんかな~」もはがきを読み上げる際に生まれたものだ。

 その後は『ヤングおー!おー!』(MBS)などのテレビ番組や「3分間待つのだぞ」のセリフが流行語にもなった「ボンカレー」のCMにも出演。「視聴率を5%上げる男」と評されるほど全国区での活躍だった。

 自ら「隆子姫」と呼んだ妻、隆子さんとはおしどり夫婦として知られ、2人の名前を冠した番組で共演したことも。隆子さんが書籍を出版した際は、そろって記者会見に臨み、仲の良さを見せた。

 西川きよしも「四角い仁鶴さんがまるくかわいい隆子姫(奥様)にもうすぐお会いできますね」と追悼のコメント。

 笑いに満ちた人生を全力で駆け抜けて、愛妻のもとに旅立った。

zakzak

  1. ファーウェイCFO逮捕でバレてしまった「中国という国の本質」
  2. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  3. 河野氏の年金改革案めぐりバトル勃発 「大増税」の可能性も…野田氏「保険料を払っている人があなたの発言で非常に不安になる」
  4. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声