巨人が“暴行問題”で謹慎中の日本ハム・中田翔を獲得 ネット民から賛否「原監督なら彼を何とかできるかも」「こんな手放し方、こんな去り方…」(1/2ページ) - イザ!

メインコンテンツ

巨人が“暴行問題”で謹慎中の日本ハム・中田翔を獲得 ネット民から賛否「原監督なら彼を何とかできるかも」「こんな手放し方、こんな去り方…」

日本ハムから巨人に移籍し会見を行った中田翔(撮影・高橋朋彦)
日本ハムから巨人に移籍し会見を行った中田翔(撮影・高橋朋彦)

 プロ野球の巨人は20日、日本ハムから中田翔内野手(32)をトレードで獲得したと球団の公式サイトで発表した。衝撃のニュースにネットでは賛否両論の意見が殺到している。

 中田は8月4日に行われたDeNAとのエキシビションマッチ(函館)の試合前、ベンチ裏で同僚の選手1人に暴力行為を行ったことが判明し、試合中に球場からの退場と、自宅謹慎を命じられた。その後、球団は中田本人、暴力行為を受けた選手と事情を知る選手・スタッフに対して詳細な調査を実施し、11日に統一選手契約書第17条(模範行為)違反による出場停止処分を科したことを発表。16日には栗山英樹監督がメディアの取材に対して「正直、このチームでは(プレーを続けるのは)難しいかなというのは、ちょっと思っている」などと語っていた。

 日本ハムもこの日、公式ツイッターで中田のトレード移籍を発表し、出場停止処分についても「20日をもって処分解除となることを併せてお知らせいたします」とした。

 中田は今季39試合に出場して打率1割9分3厘、4本塁打、13打点と開幕から打撃不振に苦しんでおり、6月9日に急性腰痛のために出場選手登録から外れていた。

 突然のトレード劇にネット民からは賛否両論が巻き起こっている。“暴力問題”を起こした中田の獲得に否定的な側からは「巨人ファンやめる!」「巨人ファンだけど 巨人のやり方はいつも好きになれない」「まさか中田翔を獲る球団が現れるとは…コンプラのかけらもない球団やね(笑)」などとバッサリ。「紳士たれ、から最も縁遠い選手なんだけどw」といったコメントも散見される。

 一方で巨人移籍に期待を寄せるネット民もおり、「原監督なら彼を何とかできるかもしれない。素材は凄いからプラスになってほしい。活躍期待します」「外野がなんと言おうが期待してる」「新天地で腐らず頑張ってほしいです!」「何故に巨人という疑問を持つ人が圧倒的多数でしょうね。髭を剃り落とし、髪を黒く短くし、ゴールドアクセサリーは外す。中々イメージがつきませんが、本当に入団なら中田本人にとってのラストチャンスであることは間違いない」などのエールが聞かれる。

  1. みずほは「F」「D」「I」に3分裂か OBに根強い旧行意識
  2. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  3. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」
  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  5. 次の自民党総裁にふさわしいのは誰? 高市前総務相が衝撃の「81%」 菅首相の11・9%を7倍近く引き離す 夕刊フジ・zakzak緊急アンケート