【TV視てますか?】五輪開会式の裏で「勝者に報酬はない」重ね合わせる秋元康氏の恐れ入る胆力 「漂着者」 - イザ!

メインコンテンツ

TV視てますか?

五輪開会式の裏で「勝者に報酬はない」重ね合わせる秋元康氏の恐れ入る胆力 「漂着者」

 「東京オリンピック2020」が終わった。会期中、朝ドラ以外のドラマは見なかった。見る必要がなかったからだ。閉会式の翌日、つき物が落ちたようにテレビの風景が元に戻ったのには面食らったが、祭りのあとの寂しさは捨てがたい。非日常と日常の入り交じった香ばしいブレンド風味。しかも4年(今回は5年)ぶり、いや57年ぶりの味がする。

 半月ほど録りためたドラマから、食指の動く順に手を付けてみた。まずはテレビ朝日の金曜ナイトドラマ『漂着者』(企画・原作・脚本=秋元康)から。7月23日の『開会式』の真裏で、ほとんど絶望的にスタートしていた。だが、冒頭を見るや、ぶったまげた。

 女子高生3人組が新潟の海岸に倒れている全裸の男(斎藤工)を見つける。スマホで動画を撮りながら近づくと、男が突然顔を上げ、「勝者には何もやるな」とつぶやいたのだ。映画史上ベストワンの誉れ高いオーソン・ウェルズ監督・主演の『市民ケーン』の冒頭、新聞王が「バラのつぼみ(rosebud)」という謎の言葉を残して息を引き取るという有名な始まり方を思わせる。

 全裸の男はといえば、そのまま意識を失い、搬送された病院で検査の結果、記憶障害が疑われる。かなりの距離を泳いできておぼれたらしいことも分かる。一方、女子高生が動画をSNSに投稿したことで〈#イケメン全裸漂着者〉というワードがバズって、男が発見時に発したのはノーベル賞作家ヘミングウェイの言葉”Winner Take Nothing”だと分かり、男は「ヘミングウェイ」と呼ばれ、世間の注目を浴びる。

 謎が謎を呼ぶ展開予測のまったく立たないドラマだが、筆者が驚いたのは、ヘミングウェイの極めて示唆に富み、時宜を得た言葉(「勝者に報酬はない」とも訳され、短篇集の表題にもなっている)を、オリンピックの開会式が東京で進行しているまさにその時に、史上ベストワン映画に重ね合わせる形で世に放った(と思われる)秋元氏の胆力と眼力だ。これには恐れ入った。 (新橋のネクタイ巻き)

zakzak

  1. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は
  2. 次の自民党総裁にふさわしいのは誰? 高市前総務相が衝撃の「81%」 菅首相の11・9%を7倍近く引き離す 夕刊フジ・zakzak緊急アンケート
  3. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  4. コロナ、経済対策、外交…新総裁適任は? 識者に聞く
  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」