エンゼルス大谷、本塁打&打点で「2冠」射程圏 逆転呼ぶ今季33度目マルチ安打 解説者の差別的発言にも「全然気にしてないです」 - イザ!

メインコンテンツ

エンゼルス大谷、本塁打&打点で「2冠」射程圏 逆転呼ぶ今季33度目マルチ安打 解説者の差別的発言にも「全然気にしてないです」

3回に右前打を放った大谷(共同)
3回に右前打を放った大谷(共同)

 エンゼルスの大谷翔平(27)が19日(日本時間20日)、敵地デトロイトでのタイガース戦に「1番・DH」で出場。前日登板の疲れを見せず、6打席に立って3打数2安打1打点、2四球で今季33度目のマルチ安打を記録した。打点は88となり、ア・リーグトップに1差。40本でメジャートップの本塁打とともに2冠を完全に射程圏に捉えた。試合は13-10で逆転勝ちした。

 まず快音を響かせたのは、3回先頭の2打席目。右腕マニングの速球を捉えると、鋭い打球がシフトで深く下がっている二塁手と右翼手の狭い間に弾んだ。

 2-10と大量リードを許した6回には、逆転劇を演出した。1死一塁で大谷の打球はボテボテの投前ゴロ。しかし、一塁を駆け抜けて内野安打とし、チャンスを広げて6点を奪うビッグイニングにつなげた。

 7回も大谷が四球を選んだことでウォルシュの適時二塁打につながり1点差。さらに、11-10と逆転した8回1死三塁では、中犠飛を打ち上げた。打点王争いは89打点のアブレイユ(ホワイトソックス)、デバース(レッドソックス)に1点差に迫った。

 8点差からの逆転勝ちは球団タイ記録。ア・リーグ西地区4位ながら、タイガースに3連勝で貯金1とした。

 米国でも大谷の規格外の活躍を称賛する報道が連日続いているが、プレー以外で男を上げたのが、大谷に差別的な発言をして職務停止処分になった解説者ジャック・モリス氏に対する対応だった。

 18日(同19日)にモリス氏について問われた大谷は「まあ、個人的には全然気にしてないです。影響力のある方だと思うので、その辺は難しいところであるのかなと思います」と寛容なコメント。米テレビ『FOX NEWS』は「上品な対応」と伝えている。

 ニューヨーク・タイムズ紙は「大谷は“新ベーブ・ルース”か、それとも完全に新しい何かなのか」と伝えており、底知れぬ大谷の能力とスター性を称賛している。

zakzak

  1. みずほは「F」「D」「I」に3分裂か OBに根強い旧行意識
  2. 野田氏「夫を信じている」 週刊誌報めぐり
  3. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  4. 河野氏の年金改革案めぐりバトル勃発 「大増税」の可能性も…野田氏「保険料を払っている人があなたの発言で非常に不安になる」
  5. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」