セクゾ菊池、A.B.C-Z河合らが四国で珍道中 - イザ!

メインコンテンツ

セクゾ菊池、A.B.C-Z河合らが四国で珍道中

初回放送を4人で鑑賞する仲になったという(左から)辰巳雄大、菊池風磨、田中樹、河合郁人。今回もタキシード姿でやる気全開(C)フジテレビ
初回放送を4人で鑑賞する仲になったという(左から)辰巳雄大、菊池風磨、田中樹、河合郁人。今回もタキシード姿でやる気全開(C)フジテレビ

菊池風磨(Sexy Zone)、河合郁人(A.B.C-Z)、田中樹(SixTONES)、辰巳雄大(ふぉ~ゆ~)の4人が、自分たちが考えたルールに縛られながら珍道中を繰り広げる旅番組「すこジャニ~ルールだらけの旅~」(21日前10・25、フジテレビ)。2回目となる今回は四国で体を張ったロケを敢行する。

これまでのルール「3大バラエティーワード“まじで““やばい“”なんでだよ”禁止」(田中案)「写真を撮るときはアイドル顔」(辰巳案)から新たに「カタカナ語はネイティブ発音で」(辰巳案)を追加し、破った人はうずらの卵を一つ食べるという旅が進んでいく。さて、誰が一番多く食べることになるのだろうか。

4人は、四国名物“はんぎり”(江戸時代から漁師が使用していた桶状の乗りもの)レースでハプニング連発の昼食をかけた勝負、名所・金比羅山で785段の石段のぼり、レンコン掘りなどに挑む。

途中、田中の誕生日を祝うサプライズも用意され、思い出の写真がプリントされた“世界に1枚しかないTシャツ”のプレゼントを喜ぶ田中。しかし、その場に辰巳の姿がない。何が起こっていたのか。

最後のスポットは吉野川。ラフティングを誰がやるか。その話し合いで爆笑トークが展開され、入念なレクチャーを受けたあと高さ14メートルの崖からダイブしたのは? 番組終了直前には河合がなぜか涙…その理由は!?

  1. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」
  2. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  3. たばこ値上げ、約61%が「禁煙しない」 決意する価格は?
  4. コロナ収束後、「ないままでいい」飲み会 3位「新年会」、2位「会社の定期飲み会」、1位は?
  5. 中村玉緒の息子・鴈龍さん、孤独死していた…55歳