鷲見玲奈アナ 写真集は「目的が違うので買わないでいい」と際どい宣伝戦略

ポストセブン
常に大胆不敵?(写真は5月の深夜のデート姿)
常に大胆不敵?(写真は5月の深夜のデート姿)

〈写真集、なんと2日連続で重版かかりました〉〈元々水着は無い予定でしたが、担当編集の方の熱量に負けて、脱ぎました。笑 水着になるのも最初で最後です〉。写真集『すみにおけない』(集英社)について発売日の8月4日にインスタグラムでそう明かしたのは元テレビ東京の鷲見玲奈アナ(31)だ。

昨年フリーになった鷲見は、ドラマでキスシーンを披露し、「NGなし」を公言するなど、“先駆者”田中みな実に追随する存在として満を持しての写真集発売となった。

「現在は消えていますが、鷲見がツイッターで〈下着!!水着!!!!という方は、多分目的が違うので買わない方がいいと思います笑 作品として自信が持てる、オシャレで品のある写真集を作りたいと思い、今回出させて頂きました〉と発売翌日に投稿していたとして炎上しています。もっとも、かえって“サービスショットがあるのではないか”と興味を抱かせる、鷲見アナらしい宣伝だと言われています」(芸能記者)

鷲見アナといえば、本誌・週刊ポスト(5月28日号)が報じた緊急事態宣言下の「深夜ほろ酔いデート」についてインスタで謝罪した5日後に何事もなかったかのように自身のコーディネート紹介の投稿をするなど、物議を醸しながらも話題を提供してきた。

芸能評論家の三杉武氏はこう語る。

「巨乳キャラで男性人気が高い鷲見アナだからこそ、田中みな実のように女性を味方につける戦略で上品さをアピールしたのでしょう。他のキー局アナとは違って、鷲見アナはテレ東で揉まれた逞しさがあるので、多少の反感を買ってでも話題性を優先するスレスレの攻めた宣伝活動はお手の物だと思います」

水着以上に際どい戦略で、あざとさでも“すみにおけない”ようだ。

※週刊ポスト2021年8月27日・9月3日号

関連記事
  1. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  2. 【衝撃事件の核心】しょうゆ差しに入れたのは…教職男の転落

  3. 死への虐待、4歳児最後の願い「ママ、お茶が飲みたい」

  4. 子供の病気やけがつくり出す「代理ミュンヒハウゼン症候群」 専門家「多くの誤解」指摘「小児に関わる医療者が意識を」

  5. 「いちゃもん、うっとうしい」吉村知事が枝野氏を痛烈批判