KAT-TUN15周年冠番組が秋以降も新枠で継続 CS一挙放送も - イザ!

メインコンテンツ

KAT-TUN15周年冠番組が秋以降も新枠で継続 CS一挙放送も

チームワークばっちりの(左から)亀梨和也、上田竜也、中丸雄一(C)フジテレビ
チームワークばっちりの(左から)亀梨和也、上田竜也、中丸雄一(C)フジテレビ

フジテレビ初のKAT-TUN冠レギュラー番組として放送中の15th ANNIVERSARY PROGRAM「何するカトゥーン?」(関東ローカル)が10月以降、新枠で継続することが決定。現在の放送時間から30分繰り上げ、月曜深夜0時25分から月1でオンエアする。

また、CS放送フジテレビTWOドラマ・アニメでのこれまでの全放送回と新撮のオリジナル映像も放出。9月29日午後7時から4時間にわたってTWOで一挙放送することも決まった。

「15周年の今だからこそ3人で〇〇やってみた!」をテーマに「桃太郎電鉄」やボウリングを楽しんだり、安眠枕の買い物や蕎麦打ちをしたり…約半年間で実現してきたことだ。

スタジオライブコーナーでは、最新曲から懐かしい曲までオリジナリティーあふれる演出で披露してきたが、それらを今回のCSでまとめて振り返ることができる。

引き続き、TVerの無料見逃し配信、FODプレミアムでの未公開映像付き見逃し配信も継続する。

3人は「1年を通し、その季節ならではの楽しみ方ができ、最後には締めくくり的なことが番組内でできたらいいな。みんなで話しながらやりたいことをできたらいい。個人的には『蕎麦打ち2』をやりたい(笑)」(亀梨和也)、「野外ライブみたいなことも視野に入れて動きたい。今は難しいけど、この先何カ月もすればきっと状況もよくなっていくと思うので、今後どんなロケができるのか楽しみにしている」(上田竜也)、「より反響につながることを頑張っていきたい。やりたいことをやり続けていきたい。e-sports大会に出場、3人で協力してプレーするのも面白いんじゃないかな」(中丸雄一)とそれぞれ話していた。

  1. 日本、韓国のTPP加入「拒否」へ 「元徴用工」への異常判決に対抗措置
  2. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人