タリバンが国外退避を妨害か 米軍、空港外展開できず

産経ニュース
シャーマン米国務副長官
シャーマン米国務副長官

シャーマン米国務副長官は18日の記者会見で、アフガニスタンのイスラム主義組織タリバンが、国外退避するために首都カブールの空港に向かうアフガン人の移動を妨害しているとの情報があると批判し、妨害をやめるように訴えた。

オースティン米国防長官は記者会見で、カブールの空港外では「(米軍の)作戦遂行能力がない」と認め、空港までの移動は支援できないとの認識を表明。退避活動が難航する恐れが出ている。

欧米各国はカブールの空港に航空機を派遣し、自国民やアフガン人協力者と家族の出国を進めている。

米軍はこれまでに計5千人を輸送機で退避させた。ドイツも複数の空軍輸送機を送り、アフガン人約200人を含む500人以上を避難させた。

米政府は17日、タリバンと交渉し、国外退避を望む民間人の空港までの安全な経路を確保するとの約束を得たと発表していた。(共同)

  1. 【大韓航空機爆破30年】実行犯の金賢姫元工作員インタビュー 「めぐみさんは金正日一家の秘密を知ってしまった」

  2. 中国に「大変失望した」 WHOテドロス事務局長が表明

  3. MEGA地震予測「いま最も危ない」3ゾーンはここだ! 村井氏「震度6程度が1~2月に発生する可能性」

  4. 【劇場型半島】大韓航空機爆破犯の金賢姫元工作員はなぜ「横田めぐみさんは生きている」と確信しているのか

  5. “異常判断”連発の韓国司法 いわゆる「元徴用工訴訟」で国際ルール無視…文大統領が恐れる日本の報復 松木氏「甘えた判断は世界に恥をさらす」