日医会長、臨時医療施設の整備を主張 中等症患者に対応

産経ニュース
日本医師会の中川俊男会長=東京都文京区
日本医師会の中川俊男会長=東京都文京区

日本医師会の中川俊男会長は18日の記者会見で、自宅療養を余儀なくされている新型コロナウイルスの中等症患者に対応するため、イベント会場や体育館などを臨時の医療施設として活用すべきだとの考えを示した。企業の研修施設の活用に向け、経団連と協議を進めていることも明らかにした。

中川氏は「自宅療養では往診も電話も24時間常につながっているわけではない」と指摘。臨時の医療施設について「個室ではなく、患者を見渡せる。急変を早急に察知できる利点がある」と述べた。患者の対応にあたる医療従事者の確保に向けては、全国の地域医師会や日本看護協会の協力が得られるとした。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. オミクロン株「悪いところ総取り」 専門家指摘

  4. 【動画】愛子さまご成年 「両陛下をお助けしたい」

  5. 「カムカムエヴリバディ」るいも稔に会いたい? 初めてしゃべった言葉に「SixTONES絡めてくる粋な計らい」「稔さん、いつ帰って来てもいいんだよ」