映画「紀州騎士」撮影進む 和歌山・湯浅の老舗醬油会社などで

産経ニュース
秋に上映予定の映画「紀州騎士」の撮影現場=和歌山県湯浅町の「角長」
秋に上映予定の映画「紀州騎士」の撮影現場=和歌山県湯浅町の「角長」

和歌山県で今秋開催の「紀の国わかやま文化祭2021」(第36回国民文化祭)で上映される映画「紀州騎士~きしゅうでないとぉ!~」の撮影が、主舞台となる同県湯浅町の老舗醬油会社「角長」などで行われている。醬油会社の娘が新聞記者となり、人との交流の中で成長する様子を描いた作品。角長の加納誠代表(72)は「紀州の伝統産業や自然の美しさを再認識してもらう映画になれば」と期待を寄せている。

同県すさみ町出身の女優、七海薫子(かおるこ)さん(39)が、交流のある映画監督、中野広之さんに作品のアイデアを出し、中野さんらが製作委員会を結成した。

舞台となる「角長」は、醬油発祥の地・湯浅町で江戸時代の天保12(1841)年創業の醬油会社。

主人公を務める七海さんは「角長の娘」の役柄で、人とうまく話せず不登校の経験も持つが、新聞記者となり、多くの人と交流を深めることで、周囲を元気づけ自身も成長していく-というストーリーだ。

角長では今月6日に撮影を開始。店内の帳場で、アルバイトの面接に来た女性と社長の間で口論となり、七海さんも加勢。職人頭の役で特別出演した俳優の原田龍二さんが仲裁するという、熱気あふれる場面を演じた。

ほかにも撮影は、雑賀崎灯台(和歌山市)や口熊野の古道(上富田町)、熊野那智大社(那智勝浦町)、橋杭岩(串本町)など県内各地で予定している。

主役の七海さんは「紀州の人の温かさが伝わり、見る人を元気づける作品にしたい」と意気込む。

角長の加納代表は「作品の主舞台に選ばれて光栄。映画の公開で、コロナ収束後に地元に客足が戻るきっかけになれば」と話している。

文化祭は10月30日~11月21日に開催される。映画は10月30日午後2時から串本町の田並劇場で初上映されて以降、各地で上映を予定している。

  1. 「払った料金返せ」「経営陣が説明しろ」どんなときもWiFiに批判殺到 容量無制限プラン突如終了で

  2. 通信障害で「KDDI」「au」のほか「docomo」もトレンド入り

  3. KDDI、通信障害の原因は設備故障

  4. NHK朝ドラ「ちむどんどん」第13週、和彦(宮沢氷魚)を「諦める」暢子(黒島結菜)…歌子(上白石萌歌)の恋も動く?

  5. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?