【するりベント酒】目当ての店が閉店、アルコールの提供も終了 失意のどん底…宇都宮でコンビニ焼きそば(1/2ページ) - イザ!

メインコンテンツ

するりベント酒

目当ての店が閉店、アルコールの提供も終了 失意のどん底…宇都宮でコンビニ焼きそば

コンビニ焼きそば(久住昌之提供)
コンビニ焼きそば(久住昌之提供)

 ソース焼きそばが、大好きなんです。

 それも、本格的な中華焼きそばじゃなくて、どちらかと言うと駄菓子っぽいやつ。

 縁日の屋台の、具がキャベツとほんの少しの豚バラ肉だけ、なのでもボクは十分。

 前に宇都宮で入った古い焼きそば屋のは、具がキャベツのみだった。肉は微塵も無しの潔さ。しかも、メニューはその一品のみ。その大・中・少(ママ)。飲み物もなし。水は紙コップにセルフサービスという、削ぎ落とすだけ削ぎ落とした、老舗のソース焼きそば専門店だった。でもおいしかったぁ。酸味のあるソースがよかった。キャベツもしっかりしていて甘みがあった。麺はかためで、しっかり食べ応えがあった。ぜひまた食べたい、と思った。

 宇都宮は、餃子で有名だが、実は焼きそばも名物なのだ。

 それで、先週ドラマの撮影でまた宇都宮に行ったので、その究極ソース焼きそばを食べるのを楽しみにしていた。

 さて、宇都宮での仕事が終わって店に行くと、ガーン。6時で店は閉店していた。

 肩を落とし歩いて宿に戻り、汗を流そうとシャワーを浴びて、一息ついてゴロンとして、さて、なんか食べに行こうか、なんてダラダラしてたら、しくじった。

 栃木も蔓延防止設置で、7時半でどこもラストオーダー。飲食店がどんどん看板を消していく。カレーライスの写真が出てた喫茶店も、入ったら食べ物は終わってた。

  1. 日本、韓国のTPP加入「拒否」へ 「元徴用工」への異常判決に対抗措置
  2. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人