「隠れ陽性者」把握困難か 保健所業務の逼迫で「積極的疫学調査」規模縮小の動き デルタ株による感染急拡大誘発も(1/2ページ) - イザ!

メインコンテンツ

「隠れ陽性者」把握困難か 保健所業務の逼迫で「積極的疫学調査」規模縮小の動き デルタ株による感染急拡大誘発も

 政府は東京、大阪など6都府県の新型コロナウイルス緊急事態宣言の延長と茨城、栃木、群馬、静岡、京都、兵庫、福岡の7府県の対象追加を決めた。東京などでは感染者の急拡大で保健所業務が逼迫(ひっぱく)、濃厚接触者や感染経路を追い切れなくなっており、無症状の「隠れ陽性者」が感染を広げる悪循環に陥っている恐れもある。

 東京都のモニタリング会議の資料によると、都内で陽性確認時に無症状の人は7月以降、11~12%にとどまっている。通常、無症状者は3割程度とされる。

 感染拡大の指標の一つである都の発熱相談センターへの相談件数は7月後半以降平均3000件前後で高止まりしており、全体の感染状況を把握できていない状況がうかがえる。

 保健所業務の逼迫を受け、都は10日付で、濃厚接触者や感染経路を詳しく調べる「積極的疫学調査」の規模を縮小する方針を都内の各保健所に通知した。重症化リスクの高い人が多い医療機関や高齢者施設での事例の調査を優先させ、保健所の負担を軽減する。

  1. ファーウェイCFO逮捕でバレてしまった「中国という国の本質」
  2. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  3. 河野氏の年金改革案めぐりバトル勃発 「大増税」の可能性も…野田氏「保険料を払っている人があなたの発言で非常に不安になる」
  4. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声