癖になる怖さ!? Eテレ「怖い絵本」続編に上白石萌歌、三吉彩花、鈴木福ら出演 (1/2ページ) - イザ!

メインコンテンツ

癖になる怖さ!? Eテレ「怖い絵本」続編に上白石萌歌、三吉彩花、鈴木福ら出演

左から上白石萌歌、鈴木福、三吉彩花 (C)NHK
左から上白石萌歌、鈴木福、三吉彩花 (C)NHK

18日午後10時からNHK Eテレで「怖い絵本 season3」が放送されるのを控え、ネットユーザーたちがオンエア前から盛り上がりを見せている。

第一線で活躍する人気作家が、独創的な画家やイラストレーターとタッグを組み、身近に潜む恐ろしい話や不思議な話を紹介する「怖い絵本」。この番組は、そうした絵本を今注目の若手俳優が朗読しながら、さらに短いホラードラマにも出演。視聴者を恐ろしくもどこか懐かしい世界へと誘うという人気シリーズだ。2020年11月にシーズン1、21年3月にシーズン2が放送され、わずか10分でゾッとする恐怖体験が楽しめるという内容がSNSでも大きな話題となった。放送されるたびにツイッターで関連ワードがトレンド入りしている。

今回は、女優の上白石萌歌、三吉彩花、そしてシリーズで初めて男性俳優として鈴木福が参加する。日本伝承の妖怪の物語なども登場し、真夏の夜に相応しい奇妙な物語が展開されるという。

season3では、「くうきにんげん」(作:綾辻行人 絵:牧野千穂 出演・朗読:三吉)、「とうふこぞう」(作:京極夏彦 絵:石黒亜矢子 出演・朗読:鈴木)、「ざしきわらし」(原作:柳田国男 文:京極夏彦 絵:町田尚子 出演・朗読:上白石)を放送。ツイッターには「最近の地上波テレビでは珍しいレベルでしっかり怖がらせてくるホラー」「あの短い時間であんなにも怖がらせるのスゴいです」「新作、楽しみ!」などのコメントが寄せられている。

<あらすじ&コメント>

「くうきにんげん」

誰にも気づかれず、世界中にたくさんいるという、目に見えない魔物、くうきにんげん。普通の人間に襲いかかって、空気に変えてしまうという。今あなたの背後にもくうきにんげんが忍び寄っている!そう、本の中の主人公は、実は絵本を読んでいる読者自身だったのだ?!

●三吉彩花コメント

「また一つ、とても素敵な経験を素敵な方々とさせていただきました。私は自分の声にネガティブな印象を持ったりポジティブな印象を持ったりします。表現者として皆様の元に届ける時、いつか声の表現もしてみたいという気持ちがありました。それがこの作品で叶うことをとても嬉しく思います。是非楽しんで、そして怖がってくださいね」

  1. みずほは「F」「D」「I」に3分裂か OBに根強い旧行意識
  2. 野田氏「夫を信じている」 週刊誌報めぐり
  3. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」
  4. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  5. 河野氏の年金改革案めぐりバトル勃発 「大増税」の可能性も…野田氏「保険料を払っている人があなたの発言で非常に不安になる」