器が大きいホトちゃん、相方・宮迫とは好対照 雨上がり決死隊の解散について番組で語る - イザ!

メインコンテンツ

器が大きいホトちゃん、相方・宮迫とは好対照 雨上がり決死隊の解散について番組で語る

解散を報告した(左から)宮迫と蛍原(写真)
解散を報告した(左から)宮迫と蛍原(写真)

 17日夜にインターネットで配信された『アメトーーク特別編』(ABEMA)で雨上がり決死隊の解散について語った宮迫博之(51)と蛍原徹(53)。解散は蛍原から切り出したというが、2時間にわたる番組で浮かび上がったのは2人の器の違いだった。

 蛍原は、自らが解散を選択した理由について、宮迫がYouTubeで活動し始めてから「価値観と方向性」にずれが生じたと説明。「今も納得がいかない」と話した。

 一方、宮迫は「僕の至らなさがずれを生んだ」と反省し、「(蛍原に)これ以上、迷惑とつらさを強いるのは違うかなと思った」と解散を受け入れた理由を明かした。

 「蛍原は、宮迫が筋を通すべきだったという思いが強い。これは自分に事後報告だったこともありますが、迷惑をかけた周囲のことをおもんぱかってのこと。蛍原は闇営業騒動以降の2年、宮迫のことを悪くいうことはありませんでした。しかし結局、この溝を解消することができなかった」とは民放関係者。

 そしてこう続ける。

 「今回、テレビ朝日が『アメトーーク』でこういう場を設けたのも蛍原のため。番組終盤でFUJIWARAの藤本敏史が解散を惜しんで号泣したのも蛍原を思ってのこと。藤本の懇願にも蛍原は決意が揺るがない表情を見せました。最後まで照れ隠しのせいか冗談をはさみ、目を潤ませる宮迫とは好対照でした」とも。大切なときにこそ、人柄は出るものだ。

zakzak

  1. みずほは「F」「D」「I」に3分裂か OBに根強い旧行意識
  2. 野田氏「夫を信じている」 週刊誌報めぐり
  3. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」
  4. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  5. 河野氏の年金改革案めぐりバトル勃発 「大増税」の可能性も…野田氏「保険料を払っている人があなたの発言で非常に不安になる」