中国がまた台湾周辺で軍事演習 台湾は米アフガン撤退に危機感…「バイデン大統領は軽率に友人を捨てた」(1/2ページ) - イザ!

メインコンテンツ

中国がまた台湾周辺で軍事演習 台湾は米アフガン撤退に危機感…「バイデン大統領は軽率に友人を捨てた」

 イスラム原理主義勢力「タリバン」が、アフガニスタン全土を制圧したタイミングで、習近平国家主席率いる中国は17日、台湾周辺で軍事演習を行った。ジョー・バイデン米政権の「失策」が指摘されるアフガン撤退を嘲笑するかのように強行した演習には、米台などを威圧する狙いがありそうだ。蔡英文総統の台湾は、米国の動向に危機感を募らせており、さらなる自由主義諸国の団結が求められそうだ。

 「中国軍が台湾を包囲し壊滅する能力を有したことを明らかにした」

 共産党機関紙、人民日報系の環球時報(電子版)は17日、台湾の南方で実施した演習について、専門家の見解をこう紹介した。

 中国軍東部戦区の報道官は同日、台湾の南西と南東の空域・海域で軍事演習を実施したと発表した。

 台湾国防部(国防省)によると、中国軍の戦闘機など11機が台湾南西の防空識別圏(ADIZ)に進入した。進入したのは戦闘機「殲16」や、爆撃機「轟6K」、対潜哨戒機「運8」という。

 この日、タリバンは首都カブールで政権掌握後初めて記者会見を開くなど、事実上の統治を本格化させた。中国の王毅外相兼国務委員は7月28日、バラダル師率いるタリバン代表団と天津で会談しており、中国とタリバンは連携しているとみられる。

  1. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」
  2. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  3. たばこ値上げ、約61%が「禁煙しない」 決意する価格は?
  4. コロナ収束後、「ないままでいい」飲み会 3位「新年会」、2位「会社の定期飲み会」、1位は?
  5. 中村玉緒の息子・鴈龍さん、孤独死していた…55歳