サンド伊達、出場辞退の東北学院に「胸を張って仙台に帰って」とエール 雨上がり解散に「寂しいなぁ」とも(1/2ページ) - イザ!

メインコンテンツ

サンド伊達、出場辞退の東北学院に「胸を張って仙台に帰って」とエール 雨上がり解散に「寂しいなぁ」とも

サンドウィッチマンの伊達みきお
サンドウィッチマンの伊達みきお

お笑いコンビ、サンドウィッチマンの伊達みきおが18日、自身のブログを更新。夏の甲子園に出場していた東北学院(宮城)の選手が新型コロナウイルスに感染し、出場辞退したことを受け、「これ以上張れないくらい、胸を張って仙台に帰って下さい」などとエールを送った。

宮城県出身の伊達は「複雑だけど。。」とのエントリーで「とっても辛いだろうなぁ」と切り出すと、初めに「宮崎県代表の宮崎商業が甲子園の初戦を辞退。。せめて1試合は甲子園で試合させてあげたかったですが」とコメント。続けて、17日に無念の辞退を発表した東北学院への思いをつづった。

同校は1回戦で強豪・愛工大名電(愛知)を破り、初出場初勝利。21日に古豪・松商学園(長野)と2回戦で対戦予定だったが、選手の新型コロナウイルス感染が判明して出場を辞退。宮崎商と東北学院の2校が大会史上初めて不戦敗となる前代未聞の事態に伊達は「こう決断する為には、とてもパワーが必要だっただろうなぁ」と関係者の心中を思いやり、「甲子園で、強豪に勝って感動を与えてくれた東北学院を、宮城県民は皆んなで拍手してるよ。これ以上張れないくらい、胸を張って仙台に帰って下さい」と労いの言葉を書き込んだ。

続けて「学院のOBでも何でもないただの高校野球ファンですが、また甲子園で東北学院のユニホームを見たいなって思いました。頑張れ!東北学院!」とエール。「あ、我が仙台商業はもっと頑張れ!」と、宮城大会4回戦で名門・仙台育英を撃破した母校へのメッセージも忘れなかった。

  1. みずほは「F」「D」「I」に3分裂か OBに根強い旧行意識
  2. 野田氏「夫を信じている」 週刊誌報めぐり
  3. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  4. 河野氏の年金改革案めぐりバトル勃発 「大増税」の可能性も…野田氏「保険料を払っている人があなたの発言で非常に不安になる」
  5. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」