ドラマ「相棒」で強烈なインパクト残した江藤あやも参加した「中高年への応援歌」 松井まさみち主催「Still Growing Up!!」 - イザ!

メインコンテンツ

ドラマ「相棒」で強烈なインパクト残した江藤あやも参加した「中高年への応援歌」 松井まさみち主催「Still Growing Up!!」

 いまだに続く緊急事態宣言の中、閉塞感に満ちた世の中を打開しようと女優、江藤あやが、シンガー・ソングライター、松井まさみち主催の“ウィ・アー・ザ・ワールド”的な楽曲『Still Growing Up!!』に参加した。江藤は「日々もがき続けている方々への応援歌として、少しでも元気を届けられたら」とエールを送る。

 配信リリースされた同曲は、暗い世の中を元気にしたいという思いを込めて、全国各地で活動する8人のシンガーが歌う中高年に向けた応援歌。

 江藤は、テレビ朝日系ドラマ『相棒』に「シャブ山シャブ子」役で出演。トレンド1位を獲得する強烈なインパクトを残し、2019年には歌手デビュー。

 「このような世の中で自分のやれることは何かないか、と私自身も必死にもがき続けていました。歌っていても、聴いていても元気になれる曲です。落ち込んだとき、こんな仲間たちがいることを心の片隅に置いておいていただけれれば」と江藤。<page/>

 主宰する松井まさみちは、アコースティックバンド「三叉路」としてNHK熱唱オンエアバトルチャンピオンの経歴を持ち、NHKみんなのうた『しあわせだいふく』などの代表作がある。

 「アラフォー、アラフィフの仲間たちの間で、年齢を重ね、体力や気力、視力が衰えてくる中、『あの頃は良かったな』なんて声が聞こえてきたのがキッカケ。『夢を追いかけるのに遅すぎることはない。僕らはまだ成長中だ』というメッセージを込めた応援歌を作ろうと思いました」

 楽曲は松井や江藤を含め、「ウィ・アー・ザ・ワールド」のように8人がリレー形式で歌いつなぐスタイルだ。

 「夢を持った同世代の仲間たちで歌いつなぐ楽曲にしたかった。この曲で少しでも元気になっていただければうれしく思います」(松井)

 ほかに参加したのは、FM GIFUパーソナリティーの久世良輔、福岡で活動するカトウナオキ、新潟を拠点にCMソングなどを手掛ける桑名シオン、ラテンポップバンドの絢井千晴、ミュージカル劇団の作曲家などで活動する安藤“TOKI”崇、中国などでグローバルに活躍するjoie。

zakzak

  1. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」
  2. コロナ収束後、「ないままでいい」飲み会 3位「新年会」、2位「会社の定期飲み会」、1位は?
  3. たばこ値上げ、約61%が「禁煙しない」 決意する価格は?
  4. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声