英国がNATO緊急会合を要請 アフガン情勢急転で

産経ニュース
アフガニスタンに残る英国民を救出するためカブールに到着した英軍兵士ら(英国防省提供・AP)
アフガニスタンに残る英国民を救出するためカブールに到着した英軍兵士ら(英国防省提供・AP)

【ロンドン=板東和正】英国のジョンソン首相は15日、イスラム原理主義勢力タリバンによるカブール制圧を受け、北大西洋条約機構(NATO)のストルテンベルグ事務総長と電話協議した。ジョンソン氏は、NATO最高意思決定機関、北大西洋理事会を可能な限り早期に開き、ハイレベルの国際的な議論を行うよう求めた。

英政府によると、ジョンソン氏は電話協議で「アフガニスタンの人道的な緊急事態に対処するため、数カ月間、国際協調に努める必要がある」と述べた。

ジョンソン氏はこの日、英メディアに対し、「アフガンをテロの温床に戻さないために、志を同じくする国々で一致した姿勢を取ることが重要だ」と表明した。また、在アフガンの英国人の国外退去が「われわれの優先事項だ」と強調した。英政府は国外退去の支援のため、英軍600人をアフガンに派遣している。

一方、ストルテンベルグ氏は同日、自身のツイッターで「(各国の国民や大使館の現地スタッフらを)円滑に避難させるため、カブール空港の機能維持を支援している」と投稿した。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. オミクロン株「悪いところ総取り」 専門家指摘

  4. 「カムカムエヴリバディ」るいも稔に会いたい? 初めてしゃべった言葉に「SixTONES絡めてくる粋な計らい」「稔さん、いつ帰って来てもいいんだよ」

  5. 「やばい、やばい!」響く悲鳴で朝のホーム騒然 神戸の飛び込み事故