宮崎商5人コロナ陽性も…ネットは予測?「やっぱり」「人が集まればこうなる」 (1/2ページ) - イザ!

メインコンテンツ

宮崎商5人コロナ陽性も…ネットは予測?「やっぱり」「人が集まればこうなる」

甲子園球場外観=兵庫県西宮市 (本社ヘリから、安元雄太撮影)
甲子園球場外観=兵庫県西宮市 (本社ヘリから、安元雄太撮影)

第103回全国高校野球選手権大会に出場している宮崎商(宮崎県)で、選手を含む5人が新型コロナウイルスの陽性判定を受けたというニュースは、高校野球ファンを中心に多くのネットユーザーたちに衝撃を与えた。一報が伝えられた16日、ツイッターでは「宮崎商5人」「コロナ感染」「MRT宮崎放送」などの関連ワードがトレンド入り。SNSにさまざまな反響が寄せられた。

サンケイスポーツ(電子版)によると、宮崎商の選手1人が14日の夕方に発熱。15日に病院で新型コロナウイルスに関するPCR検査を受けた結果、陽性と判定された。その後、地元保健所の要請を受け、検査をした結果、16日朝までに、ほかの選手など4人の陽性が確認された。計5人の陽性者を含めて、チームは濃厚接触についての保健所の判断が出るまで、宿舎の個室でそれぞれ待機している。宮崎商は18日に智弁和歌山(和歌山県)との2回戦が予定されており、大会本部は、保健所の判断を待ち、緊急対策本部の会議を開くという。

このニュースに、SNSには「まじか…」「これはヤバイ…」「どうすんねんこれ…」「あーあ。一番恐れていた事が…」「試合はもう明後日なのに」「東北学院に続いて2校目か…」といった困惑の声がズラリ。一方、こうなることを予測していたというネットユーザーも多く、「やっぱり出たか…」「人が集まればこうなるわな」「当然こうなるよな…」などの指摘も確認できた。

地方大会では、部員の新型コロナ感染が判明したことで出場を辞退した強豪校もあった。ツイッターには「残念ではありますが辞退も致し方無いと思います」「県予選で辞退した学校がいたんやし本戦だけ特別ってわけにはいかないやろな」「かわいそすぎる…」「これはきつい」「部員や親御さんの気持ちを考えると胸が苦しくなる」「辞退でも気の毒だし強行したら叩かれるしどっちでも厳しい」などの声。今後について「大会が終わるまでいろいろな事が起きそうだな」「気の毒だけど最後まで感染しなかったチームが優勝しそう」などと書き込む高校野球ファンもいた。

  1. 日本、韓国のTPP加入「拒否」へ 「元徴用工」への異常判決に対抗措置
  2. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人