【江尻良文の快説・怪説】シーズン途中の同一リーグ間交換トレードが珍しくなくなった理由 - イザ!

メインコンテンツ

江尻良文の快説・怪説

シーズン途中の同一リーグ間交換トレードが珍しくなくなった理由

11日、日本ハム・公文投手、平沼内野手と、西武・木村外野手、佐藤内野手の2対2の交換トレードが発表された。過去には、タブー視されたシーズン中同一リーグ間のトレード。それが実現できるようになったのは時代の流れだ。

シーズン中の同一リーグ間トレードには、サインなどチームの機密が漏れる恐れがある。しかも、トレードに出した選手に活躍されると困るのが球団首脳の本音。オーナーから「なんでウチで働かなかった選手が活躍するんだ。フロント、監督の使い方が悪かっただけじゃないのか」と一喝されたりする。

タブーでなくなったのには様々な理由があるが、一番は日本の雇用形態の変化が球界にも影響を与えたといえる。

「一度入った会社には定年までいるのが常識。途中で辞めるのは何か不祥事を起こしたからだろう」という終身雇用制から一転。「良い条件でへッドハンティングされたら、移るのは当然」という時代だ。

逆に同一リーグ間であるメリットも大きい。日頃から対戦しているだけに、獲得しようとする選手のことは熟知しているのだから、大きなリスクはない。

しかも、今回の日本ハムと西武は、今季互いに低迷している同士だから、つり合いが取れているというべきか。 (江尻良文)

zakzak

  1. おかえりモネ、部屋から出た「宇田川さん」に膨らむ視聴者の予想「ブッキー説を提唱」「宇田川さんは妻夫木でしょ?」の声
  2. 「ガラケー」に迫る終焉 携帯3G、来年から各社で終了
  3. コロナ後遺症でEDの可能性 感染した男優は「引退も考える状況」
  4. コロナワクチン「間違った打ち方」で抗体が不十分となるリスクも