ファミマ、中華まん一番乗り 17日からスタート 「秋が近いんだなあ」ネット民の間では風物詩に(1/2ページ) - イザ!

メインコンテンツ

ファミマ、中華まん一番乗り 17日からスタート 「秋が近いんだなあ」ネット民の間では風物詩に

コンビニエンスストアチェーン大手のファミリーマートは、17日から全国の店舗で中華まんの販売を開始する
コンビニエンスストアチェーン大手のファミリーマートは、17日から全国の店舗で中華まんの販売を開始する

コンビニエンスストアチェーン大手のファミリーマートが、17日から全国の店舗で中華まんの販売を開始することがネット民の注目を集めている。

同チェーンでは、9月に迎える創立40周年に向けたチャレンジ「40のいいこと!?」に取り組んでおり、そのキーワードの1つである「もっと美味しく」の一環として、「ファミマの中華まん」を刷新。生地と具材、旨みに徹底的にこだわったという。その中でも売上ナンバーワンの「じゅわっと旨み引き立つ 本格肉まん」(130円、以下すべて税込み価格)の生地は発酵種の種起こしを自社で行なうことで、風味豊かな味わいに、また噛めば噛むほど旨みのある生地に仕上げた、としている。中具には熟成肉を使用し、肉の旨味を引き出した味わいと、謳う。味付けは、中華だしと和風だし(焼津産カツオと北海道産利尻昆布)のダブルだしを使用し、旨みの相乗効果を感じられる仕立てとアピールする。

他のラインナップは、「極旨 黒豚まん」(198円)、「とろ~りチーズの濃厚ピザまん」(130円)、「北海道大納言小豆のつぶあんまん」(120円)、「北海道小豆のこしあんまん(ごま風味)」(120円)、「スパイス香るビーフカレーまん」(130円)で、全6種類。「北海道小豆のこしあんまん(ごま風味)」のみ沖縄県で販売されない以外は、全国の約1万6600軒の店舗で販売される。発売を記念して同日から中華まん100円セールも実施する。

競合大手のセブン-イレブン、ローソン、ミニストップなどでも例年中華まんの販売をしているが、16日時点ではまだ販売開始予定の告知をしておらず、ファミマが一番乗りとなった。

  1. 日本、韓国のTPP加入「拒否」へ 「元徴用工」への異常判決に対抗措置
  2. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人