新型コロナ感染のIVAN、ワクチン接種は「理由つけて拒んでた」と後悔 ネットで意見「こういう人多そう」「個々人が判断すればいい」 - イザ!

メインコンテンツ

新型コロナ感染のIVAN、ワクチン接種は「理由つけて拒んでた」と後悔 ネットで意見「こういう人多そう」「個々人が判断すればいい」

IVAN
IVAN

モデルでタレントのIVANが16日、インスタグラムのストーリーズを更新。新型コロナウイルスに感染したことを発表していたIVANは、現在の症状や新型コロナワクチンを接種しなかったことへの後悔を明かした。

IVANは、体調について「だいぶ良くなりました」としつつも、「かなり苦しかった」と吐露。ワクチン接種は「なんだかんだ理由つけて拒んでた」というが、「今打ちたいって思う。もう絶対、かかりたくないです」と後悔の念をつづった。その後も更新を続けたIVANは、ワクチンを拒んだ理由に副反応やしっかり感染対策をしたうえで日々生活していることをあげた。

この投稿はネット上で注目を集め、SNSには「IVANさんと同じ理由でなんだかんだ打つの避けてる人多そう。副作用もなんだかんだしんどいしね。でも打つべきだよ」「IVANさんがどんな理由でワクチンを拒否したのか知らんけど、特に理由もなく『なんか怖いから』だとしたら、後悔するのも当然だよな」などと共感する投稿が寄せられている。「これからこういう人が増えてくると思う」と予想する書き込みもあった。

ほかにも、ワクチン接種について「逆もまた然りなんよなぁ…ワクチン接種で苦しむ人もいる」「ワクチン未接種はリスクがあるし、ワクチン接種もリスクはある。万人にとって等しいリスクじゃないから、個々人が判断すればいいこと」「接種の権利はあっても義務ではない」といった中立的な意見も散見された。

所属事務所によると、IVANは8日に風邪のような症状があり、9日にPCR検査を受け、10日に陽性と診断された。10日の時点では「現在、発熱の症状はなく、咳の症状があるため保健所の指示を待って自宅隔離しております」としていた。

  1. 日本、韓国のTPP加入「拒否」へ 「元徴用工」への異常判決に対抗措置
  2. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人