松屋ごろごろカレーシリーズ 今度はシーフード2種 「驚くほど海鮮ごろごろ」「魚介の出汁出まくり」と試験販売好評 - イザ!

メインコンテンツ

松屋ごろごろカレーシリーズ 今度はシーフード2種 「驚くほど海鮮ごろごろ」「魚介の出汁出まくり」と試験販売好評

牛丼チェーンの松屋で17日から販売される「海鮮ごろごろシーフードカレー」。プレスリリースから
牛丼チェーンの松屋で17日から販売される「海鮮ごろごろシーフードカレー」。プレスリリースから

松屋ごろごろカレーシリーズ 今度はシーフード2種 「驚くほど海鮮ごろごろ」「魚介の出汁出まくり」と試験販売好評


松屋フーズが展開する牛丼チェーンの「松屋」で8月後半に販売される2種類のシーフードカレーに、外食好きのネットユーザーの注目が集まっている。

同チェーンは17日から「夏のシーフードカレーフェア」と題し、一部店舗を除く全国の松屋で2種類のカレーを販売する。第1弾は、17日10時に販売を開始する「海鮮ごろごろシーフードカレー」。松屋フーズ系列「マイカリー食堂」の人気メニュー「シーフードカレー」を松屋流にアレンジした商品で、海老、イカ、イタヤ貝、あさりがごろごろ入った海鮮の旨味を堪能できる絶品カレーだという。第2弾は24日10時から販売する「海鮮ごろごろシーフードクリームキーマカレー」。キーマカレーと海鮮の旨味が凝縮されたホワイトソースの組み合わせがセールスポイントとなっている。

両商品とも価格は税込み850円(海鮮ごろごろシーフードカレー単品は730円)で持ち帰り可(持ち帰りにみそ汁は付かない)。新発売を記念し、8月31日まで、海鮮ごろごろシーフードカレーを注文するとライス大盛が無料サービスとなる。

発売を前に、ツイッターでは「なにそれ~めっちゃ気になる」「行かなきゃ」「これはマストモグなやつ」など、外食好きネットユーザーが興味津々の様子。

「松屋のカレー攻勢が始まる!」「やっぱり松屋はカレー屋なんだよなあ」とのコメントに見られるように、松屋は数ある牛丼店の中でもカレーメニューにこだわりの強いチェーン。しばしば期間限定で販売される「ごろごろ煮込みチキンカレー」の人気が高く、「ごろごろチキンのトマトカレー」「ごろごろチキンのバターチキンカレー」と、大ぶりの具材を特徴としたごろごろカレーシリーズを期間限定で展開している。松屋ファンからは、「少し前に食べたオマール海老ソースのクリームカレーがすごく好みの味だったから、この手のやつは間違いない」「俺たちのゴロゴロシリーズにシーフードが!」など、松屋ならではの新しいカレーメニューに胸を躍らせる書き込みが散見される。

肉を主力食材としたメニューが多い同チェーンとしては珍しくシーフードを前面に押し出した商品ということで、「お肉控えて言われてるのでこれはうれしい」と、普段は松屋を敬遠しがちなユーザーの関心も集めているようだ。

店舗と期間を限定して事前にテスト販売が行われており、運よく実食したユーザーからの画像つき食レポも投稿されている。海鮮ごろごろシーフードカレーは、「旨みたっぷりでめっちゃ美味しかった」「旨 す ぎ る …」「イカ海老あさり貝柱に野菜も入ってます 魚介の出汁が出まくりで美味しい」など絶賛が目立つ。「スープカレーに近いかな」との指摘通り、サラサラした感じのルーが添付画像からも確認できた。

海鮮ごろごろシーフードクリームキーマカレーのほうも、「シーフードクリームとキーマカレーが半分ずつ掛かってるっちゅう絶妙なバランス。思ってたよりもシーフードがごろごろ」「キーマカレーとクリームソースの合いがけ、こんもりライスで壁を作ることなくかかってます。粗挽き気味のキーマはスパイシーでベシャメルベースのクリームには驚く位海鮮がごろごろ」など、カレーとホワイトソースのバランスや、想像以上の具の量や大きさが好評のようだ。

好意的な受け止めの一方で、「カレーに850円って貴族か何か?」「ちょっと高いという気がしなくもない」など、並盛りで税込み690円だった従来のごろごろカレーシリーズと比べて、だいぶ値段が上がっていることに抵抗感を示すコメントも見受けられた。

  1. 日本、韓国のTPP加入「拒否」へ 「元徴用工」への異常判決に対抗措置
  2. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声