文氏「対話の扉開いている」と日本に呼び掛け、解放記念日演説で

産経ニュース
15日、ソウルで演説する韓国の文在寅大統領(聯合=共同)
15日、ソウルで演説する韓国の文在寅大統領(聯合=共同)

【ソウル=桜井紀雄】韓国で日本統治からの解放を記念する「光復節」の15日、政府式典が旧ソウル駅舎で開かれた。文在寅(ムン・ジェイン)大統領は任期最後となる光復節での演説で、日本に対して「対話の扉を常に開いている」と強調し、両国間の懸案や新型コロナウイルス禍などへの共同対応に向けた協力を呼び掛けた。

いわゆる徴用工や慰安婦訴訟を念頭に、歴史問題については「国際社会の普遍的な価値と基準に沿った行動と実践で解決していく」と述べた。文氏は14日の慰安婦問題の記念日にも「『被害者中心の問題解決』という国際社会の規範を守る」と説明しており、元徴用工や元慰安婦側の納得を前提にしているもようだ。

文氏は、日韓が知恵を集め、困難を共に克服しつつ、「隣国としてふさわしい協力の模範を示せることを期待する」とも表明した。ただ、徴用工訴訟などへの具体的な解決策は示さなかった。文氏は東京五輪に合わせた訪日と対面での菅義偉(すが・よしひで)首相との初会談を目指しながら、直前に取りやめており、本格的な対話の糸口もつかめていない。

北朝鮮に対しては「南北が共存し、朝鮮半島の非核化と恒久的平和を通じて北東アジアの繁栄に寄与する『朝鮮半島モデル』をつくれる」と指摘。「朝鮮半島平和を強固に制度化すること」が南北双方の大きな利益となると主張した。北朝鮮が16日から本演習に入る米韓合同軍事演習に強く反発し、関係が再度冷え込む中、北朝鮮に向けた新たな提案はなかった。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 鬼束ちひろ「救急車蹴って逮捕」発端は「パチンコ店での友人のけいれん」だった

  3. 板野友美インスタ更新「何にも変えられない心の支え」 ヤクルト・高橋奎二と結婚

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 【ニュースの核心】「ワクチン入手困難」の韓国・文大統領が“命乞い” あす米韓首脳会談、見抜かれている“二股外交”のツケ…「踏み絵」迫る可能性