巨人・ビエイラが日本史上最速166キロ! メジャーが注目、24試合連続無失点 - イザ!

メインコンテンツ

巨人・ビエイラが日本史上最速166キロ! メジャーが注目、24試合連続無失点

中日のA・マルティネスの7球目に166キロをマークしたビエイラは勝利にほえた
中日のA・マルティネスの7球目に166キロをマークしたビエイラは勝利にほえた

 現在の巨人で最もメジャーが欲しがっているのが、抑えのチアゴ・ビエイラ投手(28)だ。

 東京五輪による中断期間を挟んだ再開初戦の13日・中日戦(東京ドーム)の9回に登板し、日本史上最速となる166キロをマーク。24試合連続無失点と進撃が止まらない。

 4-2の9回に登場したビエイラは、160キロ前後の直球と縦に鋭く曲がり落ちるスライダーで先頭の高橋周を空振り三振に切って取ると代打、A・マルティネスの7球目に166キロ。2016年のパ・リーグクライマックスシリーズファイナルステージ第5戦での日本ハム・大谷翔平投手(27)=現エンゼルス=と、今年6月20日DeNA戦で広島のロベルト・コルニエル投手(25)がマークした165キロを更新した。

 3人で試合を締めくくり「粘られていたし、勝負のカウントだったので力を入れたのは事実。まさかそこまで速いとは思わなかった」と充実感を漂わせたビエイラ。

 ブラジル・サンパウロ出身の右腕は女手ひとつで育てられ、2010年に同国のヤクルト野球アカデミーに17歳で入校。その年にマリナーズとマイナー契約したが米国では芽が出ず、日本に活路を求めた。19年オフの巨人入団時から160キロ超の剛速球への期待は高かったが、昨季は制球面での不安を露呈し、27登板で防御率3・28。

 今季も不安定な投球が続いた5月4日に2軍落ちしたが、再昇格後は別人のように安定し、6月からは抑えに座って連続無失点を継続中だ。

 球団関係者は「2軍落ちしたときに宮本投手チーフコーチと桑田投手チーフコーチ補佐が『変化球でストライクを取れるようになったら、簡単に3億円は稼げるようになる』と言い聞かせて課題を与えた。熱心にスライダーを磨き上げてくれた」と目を細める。

 ナ・リーグ球団スカウトは「どの球団の極東スカウトのリストにも彼の名前は載っているだろう。まだ30歳前だから、海を渡るとなれば、年俸5億円は軽い」。

 ジャパニーズドリームを実現しつつある剛腕が巨人の勝利の方程式に最適解をもたらしている。 (片岡将)

zakzak

  1. みずほは「F」「D」「I」に3分裂か OBに根強い旧行意識
  2. 野田氏「夫を信じている」 週刊誌報めぐり
  3. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」
  4. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  5. 河野氏の年金改革案めぐりバトル勃発 「大増税」の可能性も…野田氏「保険料を払っている人があなたの発言で非常に不安になる」