スケボの岡本碧優 小6で下宿生活、コロナ禍を乗り越え挑んだ夏

産経ニュース
スケートボード女子パーク決勝の演技後、選手たちに担がれる岡本碧優=有明アーバンスポーツパーク
スケートボード女子パーク決勝の演技後、選手たちに担がれる岡本碧優=有明アーバンスポーツパーク

東京五輪の新競技、スケートボード女子パークは日本勢が金、銀の両メダルを獲得した。しかし、その表彰台に、優勝候補といわれていた15歳の岡本碧優(みすぐ、MKグループ)の姿はなかった。最後まで金メダルを狙い、果敢に大技を決めにいった結果、4位に終わった。スケートボードで世界を目指すため、小学6年で親元を離れ、下宿生活を送った。新型コロナウイルス禍でのモチベーション低下を乗り越えて、たどり着いた舞台だった。

岡本は兄の影響で小学2年で競技を始めた。「もっとうまくなりたい。世界で活躍したい」と小学6年だった2018年12月、愛知県の親元から離れ、岐阜県内にあるアジア大会パーク男子優勝の笹岡建介(MKグループ)の自宅で下宿生活を送ることを決意した。「何でも軽く考えてしまう性格。『大丈夫だから』と言い続けた」。当初は「そんなに甘くない」と猛反対した両親も、最後はその熱意に根負けした。

下宿を続ける条件は、小学校卒業までに、体を1回転半する「540」を成功させること。当時、女子では誰も成功していない大技だった。恐怖心との戦いが始まった。「『今日は頑張ろう』と思って家を出ても、いざ競技場に着くと怖くなって『やっぱり無理』というのを毎日繰り返した」。何度もあきらめかけたが、泣きながらトライを重ねた。同年1月に初成功したときは、うれし涙が出たという。

東京五輪のスケートボード女子パークの岡本碧優=有明アーバンスポーツパーク(川口良介撮影)
東京五輪のスケートボード女子パークの岡本碧優=有明アーバンスポーツパーク(川口良介撮影)

この大技を武器に19年の五輪予選対象大会は4戦全勝と敵なし。金メダル候補の筆頭として東京五輪を迎えるはずだった。しかし、状況が一変する。コロナ禍で五輪が1年延期になった。パーク(練習場)も閉鎖された。「身近な目標がなくなってモチベーションが下がった。ずっとダラダラしていた」。数カ月間、引きこもりのような状態に。パーク再開後も、練習に身が入らなかった。

  1. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  2. 佐々木蔵之介が結婚!お相手は一般女性「早々に『完敗宣言』」

  3. 残りあと5話!NHK朝ドラ「ちむどんどん」最終週あらすじ やんばるで食堂を開きたいと考える暢子(黒島結菜)、東京からは房子(原田美枝子)が…

  4. 〝プーチン暗殺〟米上院議員が呼びかけ 「あの男を殺すしかない」ニュースのインタビューで発言 露出身の実業家は懸賞金も

  5. 【ニュースの核心】習主席とプーチン大統領〝共倒れ〟も 中露首脳会談、連携協調も温度差 ロシアの手の内見透かす米国「核のボタン」事前の察知に自信