日本ハム、交換トレードで西武・木村獲得の“裏事情” FA権取得する大田の後釜か - イザ!

メインコンテンツ

日本ハム、交換トレードで西武・木村獲得の“裏事情” FA権取得する大田の後釜か

オンラインで入団会見を行った佐藤(左)と木村(球団提供)
オンラインで入団会見を行った佐藤(左)と木村(球団提供)

 2対2の交換トレードで日本ハムに移籍した木村文紀外野手(32)、佐藤龍世内野手(24)と、西武に加入した公文克彦投手(29)、平沼翔太内野手(23)が13日、入団会見を行った。

 木村は「正直なところはびっくりしたが、しっかりと結果を出してチームの勝利に貢献したい」と意気込んだ。

 今季20試合の出場で、西武では若手の台頭で出番が減っていたものの、イースタン・リーグではここ15試合で7本塁打と大爆発。他球団からも熱視線を送られていたが、日本ハムはどうしても獲得したい理由があった。

 日本ハムは大田泰示外野手(31)が22日にも国内FA権を取得する。今季は打率・212、3本塁打の大不振とはいえ、ある在京球団の編成担当は「大田は宣言する可能性があるし、欲しがる球団はたくさんある」と評価は高い。

 今季の日本ハムは春先から3年目の王柏融や浅間、万波といった若手を積極起用してきた。これも「大田がいなくなったことを見越して、今のうちに後釜を作っておきたい」(前出の編成担当)という裏事情があったという。しかしレギュラー定着には至らず。そこで白羽の矢が立ったのが木村だった。

 もっとも、木村も今季中に国内FA権取得の可能性がある。

 西武に投手で入団した木村は、元西武の楽天・石井一久監督の一派で、楽天が獲得に乗り出しているともいわれていた。楽天も右打者不足に悩まされており、この日の西武戦(メットライフ)からオコエを今季初昇格させている。

 ちなみに木村は年俸5000万円。FA移籍の場合は保障なしのCランクとなっている。 (金額は推定)

zakzak

  1. みずほは「F」「D」「I」に3分裂か OBに根強い旧行意識
  2. ファーウェイCFO逮捕でバレてしまった「中国という国の本質」
  3. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  4. 【住宅クライシス】タワマン管理契約と修繕工事の深い関係