サムスントップが仮釈放、経営復帰には足かせも

産経ニュース
13日、ソウル拘置所から仮釈放され、記者団の取材に応じる李在鎔サムスン電子副会長=韓国京畿道(聯合=共同)
13日、ソウル拘置所から仮釈放され、記者団の取材に応じる李在鎔サムスン電子副会長=韓国京畿道(聯合=共同)

【ソウル=桜井紀雄】韓国の朴槿恵(パク・クネ)前大統領らへの贈賄罪などで服役していたサムスングループの経営トップ、李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長が13日、仮釈放された。仮釈放期間中、保護観察を受ける。刑の執行終了後、5年間の「就業制限」も科され、経営復帰には時間がかかりそうだ。

ソウル拘置所を出た李氏は記者団を前に「国民に大きな心配をかけて申し訳ない」と頭を下げて謝罪。「私への非難や憂慮、大きな期待について聞いている。一生懸命頑張りたい」と述べた。サムスンは韓国最大の企業グループ。

李氏は1月に懲役2年6月の実刑判決が確定。法務省は今月9日、新型コロナウイルス禍の長期化による経済への影響などを踏まえ、仮釈放を決定した。大企業トップへの特別扱いとの批判がある一方、財界からは就業制限の解除を求める声も上がっている。

大統領府によると、文在寅(ムン・ジェイン)大統領は仮釈放に関し、世論が二分している状況を受けて「国益のための選択と受け止め、国民も理解してほしい」との立場を示した。

一方、李氏はグループ傘下会社の違法合併や不正会計の罪などでも起訴され、公判が続いている。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. オミクロン株「悪いところ総取り」 専門家指摘

  4. 「カムカムエヴリバディ」るいも稔に会いたい? 初めてしゃべった言葉に「SixTONES絡めてくる粋な計らい」「稔さん、いつ帰って来てもいいんだよ」

  5. 「やばい、やばい!」響く悲鳴で朝のホーム騒然 神戸の飛び込み事故