2年ぶり夏の甲子園…「悔しさはプロで晴らす」聖地逃した大器たち - イザ!

メインコンテンツ

2年ぶり夏の甲子園…「悔しさはプロで晴らす」聖地逃した大器たち

変化球多彩でクレバーな投球の市和歌山・小園健太
変化球多彩でクレバーな投球の市和歌山・小園健太

 熱戦が続く全国高校野球選手権大会。甲子園にあと一歩届かなかった球児たちの中には、大会に出場している選手に勝るとも劣らぬ逸材がゴロゴロ。惜しくも夏の聖地を逃した大器たちを紹介しよう。

■森木大智(高知)

 高知高の剛腕、森木大智投手(3年)は春の四国大会決勝で自己最速の154キロをマーク。184センチ、87キロのバランスが取れた体格。高知中3年時に軟式球で150キロを計測し、高校でもその才能を伸ばしたが、高知の絶対王者・明徳義塾高の厚い壁に阻まれ、甲子園には縁がなかった。

 最後の夏も県大会決勝で明徳義塾に3-5で惜敗し号泣。試合後には「ドラフト1位としてプロでやりたい」とプロ志望届提出を明言した。中学時代からプロのスカウトの注目を集め続け、静かに秋を待つ。

■小園健太(市和歌山)

 最速152キロ右腕の市和歌山・小園健太投手(3年)も甲子園に一歩及ばず涙をのんだ。森木と並んで今秋のドラフト1位候補に挙げられるが、パワーピッチが身上の森木に対して小園は184センチ、89キロと体格こそ似通うもののカーブ、スライダー、カットボール、ツーシームなど多彩な変化球でストライクを先行させるクレバーな投球スタイルだ。和歌山大会決勝で智弁和歌山に4失点完投負け。こちらも「プロ志望届を出します」と明言しており、秋のドラフトでは1位指名が有力だ。女房役の松川虎生(こう)捕手(3年)もプロ注目の強打を誇る強肩捕手。プロでも親友バッテリーが実現するか。

■畔柳亨丞(中京大中京)

 中京大中京・畔柳亨丞(くろやなぎ・きょうすけ)投手(3年)は夏前に自己最速を152キロまで伸ばした。今春の選抜では7日間の4試合で計410球を投げ、準決勝・明豊戦で途中降板。肩肘へのダメージが心配されたが、不安を払拭した形だ。愛知大会では準決勝で優勝する愛工大名電高に敗れ、春夏連続出場はならず。「この悔しさをプロで晴らす」と試合後にプロ志望届提出を明言しており、ドラフトでの上位指名は堅い。

■佐々木麟太郎(花巻東)

 1年生ながら話題をさらったのは花巻東・佐々木麟太郎内野手。16歳ながら身長183センチ、115キロの堂々たる体格から本塁打を連発する規格外のスラッガーは、同校の佐々木洋監督を父に持ち、中学時代はエンゼルス・大谷翔平投手(27)の父、徹さんが監督を務める金ヶ崎リトルシニアで腕を磨いた。岩手大会決勝で盛岡大付に4-9で敗れたが大谷、佐々木朗希(ロッテ)に続いてまたも岩手に現れた怪物には、あと2年間のチャンスが残されている。

zakzak

  1. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は
  2. 次の自民党総裁にふさわしいのは誰? 高市前総務相が衝撃の「81%」 菅首相の11・9%を7倍近く引き離す 夕刊フジ・zakzak緊急アンケート
  3. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  4. コロナ、経済対策、外交…新総裁適任は? 識者に聞く
  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」