円軌道を楕円のケースに自然にはめこんでいるようにデザイン
円軌道を楕円のケースに自然にはめこんでいるようにデザイン
 セイコーウオッチが2001年から始めた「ISSEY MIYAKE WATCH(イッセイ ミヤケ ウオッチ)プロジェクト」。世界で活躍するプロダクトデザイナーたちが参加する独創的なプロジェクトで、「ISSEY MIYAKE」のブランドスピリットをそれぞれが独自のデザイン手法で表現しています。
 今年で20周年となるプロジェクトを記念して、国際的に活躍するデザイナー深澤直人氏が手掛けた新シリーズ「ELLIPSE(エリプス)」を発売しました。

 毎回、新鮮なデザイン提案があること、アナログウオッチであること、日本製品であること、パッケージデザインもデザイナー自身が手がけることを開発のテーマとしてきた本プロジェクト。
 20周年を記念し誕生した「ELLIPSE(エリプス)」は幾何学的な楕円を意味しています。
 楕円は丸よりもエレガントな幾何形体で、円軌道を楕円のケースにあたかも自然にはめこんでいるようにデザインし、シャープな中にも張りのある柔らかさがあるのが魅力だとデザイナーの深澤氏は語ります。



 産経ネットショップで販売している「ELLIPSE(エリプス)」は、シルバーカラーにメッシュのブレスレットを合わせたクロノグラフタイプ「NYAN001」(4万4,000円)とシンプルな3針タイプ「NYAP001」(3万9,600円)の2つのレギュラーモデルに、落ち着いたゴールドカラーのケースに黒のカーフストラップを組み合わせたクロノグラフタイプ「NYAN701」(4万5,100円)と3針タイプ「NYAP701」(4万700円)の2つの20周年を記念する限定モデルを合わせた全4種類です。

 価格は全て税込み。送料無料。価格や商品内容などの情報は掲載日時点のものです。産経ネットショップのご利用が初めてで新規会員登録をすると、500円オフクーポンが使えるのでお得になります。<産経ネットショップ>

デザイナー 深澤直人(Naoto Fukasawa)
1956年山梨県生まれ。セイコーエプソン、ID Two (現IDEOサンフランシスコ)、IDEO東京オフィス立ち上げを経て、2003年にNAOTO FUKASAWA DESIGNを設立。
人の想いを可視化する静かで力のあるデザインやアイデアに定評があり、国際的な企業のデザインを多数手がける。電子精密機器から家具、インテリア、建築に至るまで手がけるデザインの領域は幅広く多岐に渡る。
英国王室芸術協会の称号を授与されるなど受賞歴多数。2018年、「イサム・ノグチ賞」を受賞。多摩美術大学教授。日本民藝館館長。