張本氏は“入江選手揶揄発言”を「言葉足らずで反省」と謝罪も、ネット民は怒り心頭「謝罪ではなく言い訳」「どうして素直に謝れないのか」(1/2ページ) - イザ!

メインコンテンツ

張本氏は“入江選手揶揄発言”を「言葉足らずで反省」と謝罪も、ネット民は怒り心頭「謝罪ではなく言い訳」「どうして素直に謝れないのか」

東京都港区赤坂にあるTBS放送センター
東京都港区赤坂にあるTBS放送センター

TBSテレビ系情報番組「サンデーモーニング」で、野球解説者の張本勲氏(81)が女性およびボクシングを揶揄する発言をした問題について、日本ボクシング連盟は12日、TBSから謝罪文を受け取ったと発表。同氏は書面を通じて「今回の私の発言は言葉が足りませんでした」などと弁明しているが、ネット上では「謝罪ではなく言い訳」「どうして素直に謝れないのか」などと糾弾するユーザーが相次いでいる。

張本氏は8日の放送で、東京五輪女子フェザー級で日本女子初の金メダルを獲得した入江聖奈(せな、20)=日体大=を取り上げた際に「女性でも殴り合いが好きな人がいるんだね。見ててどうするのかな。嫁入り前のお嬢ちゃんが顔を殴り合ってね。こんな競技好きな人がいるんだ」と発言。同連盟は10日付でTBSに抗議文を送付していた。

TBSは謝罪文の中で「張本氏の発言は、入江聖奈選手が金メダルを獲得したことについて、日本中が沸き立つ快挙であり、この目覚ましい成果に対し『あっぱれ』との賛辞を贈り、称賛することが本意でした。しかしながら、張本氏の発言の中には、ご指摘のように『女性及びボクシング競技を蔑視した』と受け取られかねない部分があり、これについては本来であれば番組内で対応すべきでした」と説明。

ボクシングが大好きだという張本氏のコメントも添えられており「今回の私の発言は言葉が足りませんでした。入江選手の快挙を称えると共に、自分も金メダルを取れるのではと思って、ボクシングをやる女性が増えてほしいということを本当は言いたかったのです。言葉足らずで反省しています」と謝罪の弁を述べている。

ネット上では同氏の謝罪コメントに対して「言葉足らずとかじゃないだろう。発言の内容そのものに問題があるんだよ」「言葉足らずじゃなく、いつも余計なことを言ってるんですよ」「常日頃から女性蔑視の考えがあるから、あういう発言になるのでは」「最近、オッサンが失言したときみな『言葉足らずでした』なんですよね。これって謝罪ではなく言い訳なんですよね。言葉だけ捉えると反省してないんです」などと厳しい意見が殺到。多くのネット民から「どういう風にフォローしたら、『ああ、そういう意味だったのか!』と納得できるんだろう。本人の口から説明を聞いてみたい」「今度のサンモニで本人の口から謝罪させた方がいいよ。その時の口調や態度で本気で謝ってるかどうか分かるから」と、生放送の同番組内での対応を求める意見が相次いでいる。

  1. おかえりモネ、部屋から出た「宇田川さん」に膨らむ視聴者の予想「ブッキー説を提唱」「宇田川さんは妻夫木でしょ?」の声
  2. 「ガラケー」に迫る終焉 携帯3G、来年から各社で終了
  3. コロナワクチン「間違った打ち方」で抗体が不十分となるリスクも