”おじさん上層部”の反対を押し切って発売 約2年で44万個売れた「プリントグラス」のヒットの理由とは? - イザ!

メインコンテンツ

”おじさん上層部”の反対を押し切って発売 約2年で44万個売れた「プリントグラス」のヒットの理由とは?

ITメディア
発売約2年で累計販売個数は44万個を突破した(画像:石塚硝子より)
発売約2年で累計販売個数は44万個を突破した(画像:石塚硝子より)

1970年代のデザインを復刻したプリントグラス「アデリアレトロ」が売れている。累計販売数は2019年10月の発売から約2年で44万個を突破した。時代は既に令和に突入しているにもかかわらず、なぜ昭和のプリントグラスが人気なのだろうか。

創業200年の老舗ガラスメーカーが昭和のプリントグラスを復刻

アデリアレトロは1819年創業の石塚硝子(愛知県岩倉市)が手掛ける食器ブランド「アデリア」から生まれたプリントグラスシリーズだ。同社は1961年から、通常のグラスや脚の付いたグラス、ボンボン入れと呼ばれる飴やチョコレートを入れておく容器などを販売しており、1970年前後にかけて広く一般家庭で使われるようになった。しかし、時代の移り変わりとともにデザインの人気が低迷し、平成で目にする機会はほぼなくなった。

ところが、販売当時のデザインをそのまま生かしたプリントグラスを「アデリアレトロシリーズ」として2018年に復刻販売したところ、20~40代女性の間で大ヒットした。累計販売数は2年で44万個を突破し、21年1月からは月次の最高販売数を7カ月連続で達成している。驚異的なペースといえるだろう。7月にはガラス蓋のボンボン入れを復刻発売し、前年同月比370%達成(数量ベース)という数字を叩き出した。

石塚硝子が昭和当時のプリントグラスを復刻するに至ったきっかけは、何だったのだろうか。それは同社の20代の女性社員が、既に廃版となったアデリアのプリントグラスの写真をインスタグラムで共有し、盛り上がっているコアファンを見つけたことだった。昭和を過ごした人間から見れば「ありふれた、古めかしいデザインのプリントグラス」にすぎなかったが、平成生まれの若者の目には新鮮に映ったようだ。

SNSで話題になっていることに商機を見いだした女性社員たちは、早速社内の企画会議で再販プロジェクトを提案。しかし、昭和世代の”おじさん上層部”からは「こんな古い商品を今更販売したところで売れるわけがない」と相手にされなかった。

おじさん上層部を説得し、テスト販売を実施

おじさん上層部からは反対されたが、彼女たちは諦めなかった。トレンド調査や10数軒のアンティークショップへのインタビューを重ねて、再度社内の企画会議に挑戦した。上層部全員を納得させることはできなかったものの、小規模なテスト販売を実施する許可をもらい、18年9月から復刻プロジェクトを始動させることに。

テスト販売では、生活雑貨チェーン「ヴィレッジヴァンガード」のオンラインショップでコスモスのようなオレンジ色の花柄グラス「アリス」を3種類販売した。同時にインスタグラムのアカウントも作成し、積極的に情報を発信したところ販売数が順調に増えていった。

また、インスタグラムで2万5000フォロワーを擁するアカウント「純喫茶コレクション」を運営する難波里奈氏がアデリアレトロのファンだったことから、難波氏のイベントで取り上げてもらうことを通じて徐々にアデリアレトロの認知を高めていった。

テストマーケティングを通じて商品化に向けた十分な手ごたえを感じ取り、19年10月に本格販売を開始。現在はアリスや風船、梨など10柄37種類のグラスや容器を販売している。

1つ目は「アデリアファンの意見に耳を傾ける」

アデリアレトロの大ヒットにつながった理由の1つは、同商品のファンの存在だ。商品を復刻させる際はインスタグラムを通じて、ファンとコミュニケーションを取るようにしているという。

「復刻商品の企画会議でおじさん社員がアイデアを出しても女性社員からダメ出しされてしまいます。彼女たちは、インスタグラムで『どっちの商品を復刻してほしいか?』というアンケートを取ったり、お客さまのアデリアレトロに関する投稿を見たりしながら、どういった商品が求められているのかを調査しています」(同社の市販部 販促マーケティンググループの後藤鉄平氏)

ファンからフィードバックを受けながら商品を発売することで、10柄37種類の商品展開にもかかわらず全商品が均等に売れているという。

「最も売れている商品は”野ばな柄”ですが、ほとんど横並びで売れています。アデリアレトロのファンは新商品が出ると全柄を購入する傾向にあります。ファンの『集めたい!』欲求にアプローチできている結果だと思います。また、今までグラスには機能性が求められていましたが、機能性以外の価値をアデリアレトロに感じてもらえていると考えています」(後藤氏)

アデリアレトロのグラスは700円。ボンボン入れ(小)は1200円、ボンボン入れ(大)と脚付きグラスは1500円と決して安くはない値段だ。それでも売れるのは、グラスという機能だけでなく、「見て楽しい」「置いて楽しい」「使って楽しい」という体験を提供している点があるといえそうだ。

昭和レトロブームが追い風に

大ヒットした2つ目の理由は、平成から令和に切り替わる19年前半に起こった昭和レトロブーム。トレンドの移り変わりが激しい世の中で、ブームは一過性のものとなりがちだ。しかし、昭和レトロブームの盛り上がりはとどまるところを知らない。

昭和のたたずまいが残る純喫茶が若い女性の間で注目され、インスタグラムにはクリームソーダの写真がいくつもアップされている。また、〇〇横丁と名付けられた居酒屋は現在も多くの若者でにぎわっており、20年6月には虎ノ門ヒルズに、7月には渋谷のMIYASHITA PARKにそれぞれ「虎ノ門横丁」と「渋谷横丁」が開業。21年5月には埼玉県所沢市にある西武遊園地が昭和レトロに大改装したことも話題を集めた。

時代の流れに乗ったことで取扱店も増加した。ロフトやOne'sterrace(ワンズテラス)、niko and...(ニコアンド)などの有名雑貨店でも取り扱われるようになった。その他、ネット経由の購入も急増し、楽天市場での20年の売り上げは19年比の8倍に上った。

「昭和レトロブームをきっかけに認知度が大幅に上昇し、SNSでの好循環が生まれています。多くのお客さまがインスタグラムで商品をアップしてくださることで、更なる認知の拡大や購入につながっていると感じます」(後藤氏)

アデリアレトロシリーズが大ヒットした裏側には、ファンベースの商品開発と全国規模での商品展開に踏み切ったタイミングで昭和レトロブームが起こり時代の波にうまく乗れたことがあった。約1年という時間をかけて消費者の潜在ニーズを調査した結果といえるだろう。

今後の展開について後藤氏は「アデリアレトロを喜んで使い続けていただくためにはどうすればいいのか? などファンの意見を参考にしながら、引き続きニーズに合った商品を展開していきたい」と話した。

関連記事
  1. みずほは「F」「D」「I」に3分裂か OBに根強い旧行意識
  2. 野田氏「夫を信じている」 週刊誌報めぐり
  3. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  4. 河野氏の年金改革案めぐりバトル勃発 「大増税」の可能性も…野田氏「保険料を払っている人があなたの発言で非常に不安になる」
  5. 菅首相から「聖子ちゃん、権力に近いところに来なさい」 野田氏が幹事長代行に就いた内幕を披露/総裁選