「ジェネリック薬は飲まない」と語る医師たちが明かすその理由 - イザ!

メインコンテンツ

「ジェネリック薬は飲まない」と語る医師たちが明かすその理由

ポストセブン
なぜジェネリック薬を飲まないのか?(写真はイメージ)
なぜジェネリック薬を飲まないのか?(写真はイメージ)

「小林化工や日医工といった後発医薬品(ジェネリック)の製造業者に製造時の違反で行政処分(業務停止命令)が行なわれたことを受けて、幅広く確認を行なうために、立ち入り検査を実施しました」

そう説明するのは、厚生労働省医薬・生活衛生局監視指導・麻薬対策課の担当職員だ。

いま、ジェネリック医薬品の「安全性」への疑念が高まり、業界を揺るがす問題となっている。昨年、ジェネリックメーカーの不正が立て続けに発覚したのだ。

日医工(富山市)では、2020年2月、組織的な不正が発覚。小林化工(福井県あわら市)では、2020年12月、経口抗真菌剤(水虫薬)に睡眠導入剤の成分が誤って混入していたことがわかった。

そもそもジェネリック医薬品とは、新薬(先発薬)の特許が切れた後に販売される、新薬と同じ有効成分の薬を指す。開発費が少なくて済むぶん、販売価格も患者の自己負担も抑えられる特徴がある。

そうしたジェネリック医薬品で相次ぐ不祥事。ついに厚労省が本格的に動き出し、全国のジェネリック製造工場などを対象に「6月1日~7月16日にかけて初の一斉抜き打ち検査を実施」(厚労省担当者)したのだ(結果は8月中に公表される予定)。

一方、「医療費削減」を目指す政府はこれまで「ジェネリック医薬品」の普及拡大を推進してきた。医療機関や調剤薬局では、ジェネリック使用割合に応じて報酬加算が行なわれる。

2013年に46.9%だったジェネリックの使用割合は直近(2020年9月速報値)で78.3%に達し、政府目標「2020年9月までに80%」をほぼ達成している。市場規模では1兆円を超え、今後も拡大する見込みだ。しかし、こうした普及ぶりに反するデータがある。

厚労省が年度に2回公表する保険者(健康保険組合)別の「ジェネリック使用率」のデータだ。最新版(2020年9月診療分)の全国平均は約8割だが、医師やその家族らが加入する各都道府県の「医師国民健康保険組合」のジェネリック使用率は平均“約6割”にとどまり、全体平均を大きく下回っている。

このデータからは「医師ほどジェネリックを飲まない」実情が窺える。そこで、自らが薬を飲む場合に先発薬を選ぶという医師たちに、その理由を尋ねた。

◆「臭いがキツいんです」

『医者はジェネリックを飲まない』(幻冬舎刊)の著者で医師・作家の志賀貢氏が語る。

「私自身、ジェネリックは飲みません。医師は先発薬と後発薬で効果や副作用に違いが見られることを臨床現場で実感しています。ただでさえ使用に二の足を踏むところ、メーカー不正などのトラブルが相次ぎ、不信感に拍車がかかっているのです」

そもそも先発薬とジェネリックは有効成分が同じであっても「同じ薬とは言えない」と志賀医師は語る。

「ジェネリックを使うなら『先発薬とまったく変わらない』というエビデンスがほしい。原薬、添加物は先発薬と全く同じなのか、どのような地域・工場で製造されたのか、といった情報まで吟味する必要があると考えています。過去には、ジェネリック医薬品に発がん性物質が混入していたこともある。薬の服用について慎重すぎるということはありません。

あらゆる情報がきちんと得られるようにならなければ、医師が自ら積極的にジェネリックを服用することはないでしょう」

いつき会ハートクリニック院長の佐藤一樹医師も、「ジェネリックは飲みません。飲むとしても、先発薬メーカーから公認を受けた『オーソライズドジェネリック』か、先発品と原薬・添加物などの原料や、製造方法・製造場所が同じ『オートジェネリック』です」と話す。

さらに佐藤医師は「毎月の採血で中性脂肪などの数値が高い時は、脂質異常症の薬のエパデールを飲む」という。ジェネリックも販売されている薬だが、なぜ先発品にこだわるのか。

「エパデールは魚の脂からできており、酸化すると悪臭を発します。ジェネリックで先発品のような袋詰めの際の酸化防止策が取られていないと、酸化臭をキツく感じてしまうんです。私だけでなく何人もの患者さんからも苦情を聞いたことがある。後発品は有効性が落ちるというある研究所の発表や供給が不安定だった過去もあり、エパデールは先発品に限ることにしています」

新潟大学名誉教授の岡田正彦医師はいま服用している薬はないが、誰でも必要になる可能性が高い降圧剤について「飲むなら先発薬のフルイトラン」と決めていると話す。

「一時的な鎮痛剤や塗り薬と違い、血圧やコレステロールなど継続して飲む薬はリスクにより一層の注意を払う必要がある。サイアザイド系利尿薬のフルイトランは古い薬で、世界中で学術調査がされて高評価を得ています。昔からある先発薬ほど、効果や副作用について評価したデータが豊富にあり信頼できます」

ナビタスクリニック川崎の谷本哲也医師は「自費診療」で飲む薬に先発薬を選んでいるという。自費診療とは、禁煙外来やAGA治療、ED治療、美容皮膚科など保険が適用にならないものを指す。

「医療費を節約するためにジェネリックを使う国の方針は理解できます。しかし、全額自費で買う薬では、私は先発薬を選んでいます。“自分の財布”しか使わないので、論文が多く効果や副作用の情報が豊富な分、先発薬は値段に見合うと考えています」

自ら理解した上で服用する薬の種類を選びたい。

※週刊ポスト2021年8月20日号

関連記事
  1. ファーウェイCFO逮捕でバレてしまった「中国という国の本質」
  2. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  3. 河野氏の年金改革案めぐりバトル勃発 「大増税」の可能性も…野田氏「保険料を払っている人があなたの発言で非常に不安になる」
  4. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声