サンド伊達、愛工大名電を撃破した東北学院に“謝罪”「対戦出来るだけでも凄いと…ごめんなさい」 宮城県民は「地元紙の一面にも」と歓喜(1/2ページ) - イザ!

メインコンテンツ

サンド伊達、愛工大名電を撃破した東北学院に“謝罪”「対戦出来るだけでも凄いと…ごめんなさい」 宮城県民は「地元紙の一面にも」と歓喜

試合終了後、校歌を歌う東北学院ナイン=甲子園球場
試合終了後、校歌を歌う東北学院ナイン=甲子園球場

お笑いコンビ、サンドウィッチマンの伊達みきおが11日、自身のブログを更新し、同日に行われた第103回全国高校野球選手権で名門・愛工大名電(愛知)を破った東北学院(宮城)に“謝罪”した。

この日、甲子園初出場の東北学院は、イチロー氏ら多くのプロ野球選手を輩出した愛工大名電を5-3で撃破。宮城県出身の伊達はブログで、「いやぁ、抽選で相手校が決まった時は…正直、愛工大名電かぁ。。まぁでも、誰もが知ってる名門と甲子園で対戦出来るだけでも凄い事だって思ってました」と、強豪校相手の甲子園初勝利が完全に予想外であったことを告白。続けて「ごめんなさい。。東北学院の皆様。。」と素直に“謝罪”した。

それでも執筆中に実感がわいてきたようで、「あの愛工大名電に勝ったねー!!凄いね!本当に凄い!!」などと祝福。「ピッチャーも、守備も、打撃もバランス良くいいチームだねー!!」と総合力の高さに感心し、「宮城県の高校野球のレベルが本当に上がってるんだろうな。笑顔で、緊張してる感じもなく名門校と渡り合い、見事な勝利でした!」などと、殊勲の東北学院ナインを手放しでほめた。

伊達の母校・仙台商業が宮城県大会4回戦で大本命の仙台育英を下す大波乱を演じたこともあり、「あの、仙台育英を破った仙台商業を破った聖和学園を破った仙台三高を決勝で倒しての甲子園初出場!そりゃ、ちゃんと強いわ!」と、同校の戦力を“軽視”していたことを反省。最後は相方・富澤たけしの弾けるような笑顔の写真を添えて「富澤も、狂喜乱舞してます。がんばれ!東北学院!!」とエールを送った。

  1. ファーウェイCFO逮捕でバレてしまった「中国という国の本質」
  2. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  3. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」
  4. 河野氏の年金改革案めぐりバトル勃発 「大増税」の可能性も…野田氏「保険料を払っている人があなたの発言で非常に不安になる」
  5. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声