事情は様々 ワクチンを「利き腕に打ってください」という人たち - イザ!

メインコンテンツ

事情は様々 ワクチンを「利き腕に打ってください」という人たち

ポストセブン
ワクチン2回目接種後の死亡例を専門家と共に見る(写真はイメージ/時事通信フォト)
ワクチン2回目接種後の死亡例を専門家と共に見る(写真はイメージ/時事通信フォト)

新型コロナワクチンは高齢者の2回目接種率が8割を超え、それ以下の年齢を含む一般接種も5割に近づきつつある。大規模接種会場や大企業の職域接種では、多くの人が列に並んで次々と注射を受けており、7月以降は1日の接種回数が100万回を超える日が増えている。

そうした大人数の接種会場では、注射を担当する医師(医療従事者)が接種者に、既往歴や服用中の薬、その日の体調や体温などを質問するが、“お約束”となっているのが「利き腕ではないほうに打ちますね」という確認だ。副反応として約9割が「腕の痛み」を訴えるため、接種後の生活の不自由を軽減するために「利き腕ではないほう」に注射するのが“常識”になっている。

だが、あえて本誌40代記者は利き腕(右)への注射を希望した(この会場ではモデルナ製ワクチンを接種)。というのも、この3か月ほど肩関節周囲炎(いわゆる四十肩、五十肩と呼ばれる症状)に悩まされ、右腕は肩より高く上がらないからだ。食事やキーボード操作に支障はないものの、鞄や買い物袋、重い荷物などは左手でしか持ち上げられないような状態。さらに副反応の痛みで左腕も上がらなくなってしまったら、日常生活に支障が出かねないと不安になったからだ。

ブースに入って丸椅子に座り、2つ3つの簡単な質問を済ませると、医師は「では、注射しますので袖をまくってこちらに向けてください」と促す。記者がおもむろに右の袖をまくって丸椅子を左に回転させると、医師は少し驚いた表情でこう訊ねてきた。

「あれ、左利きなんですか?」

事情を説明したうえで「やっぱり利き腕じゃないほうが良いんですか?」と聞くと、こう説明してくれた。

「そういうことでしたら右に打ちましょう。どちらの腕に接種するかで効き目に違いはありませんから、ご希望のほうで構いません。(記者と)同じ状態だったら、私も右に打ってもらいますね。ただ、副反応の痛みと元々の肩痛が混ざってしまうので、いつ副反応が治まったか分かりにくくなってしまうことはご理解ください」

この医師によると、「“利き腕に打ってください”とのリクエストは1日に数回ありますよ」とのこと。医師が細かく理由を訊くことはないそうだが、「仕事上、利き腕ではないほうで繊細な作業をしなければならないから」と説明する技術者がいたという。

注射は数秒で完了し、15分間の経過観察を経て会場を後に。その日は特に副反応らしき症状は出なかったものの、翌日になると接種した側の腕周りが熱っぽくなり、筋肉痛のような感覚が出てきた。ただ、もともとの四十肩の不自由さからはさほど変化を感じないので、自分自身では“片方の腕に痛みをまとめてよかった”というのが率直な感想だった。

ちなみに接種した医師によると、「ワクチン接種後も、肩痛などで処方される痛み止めや湿布などはそのまま使って構わない」とのこと。

右腕か、左腕か。その判断は医師任せではなく、接種を受ける人が自身の体の状況を考慮して決めるというのが正解のようだ。

関連記事
  1. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  2. コロナ、経済対策、外交…新総裁適任は? 識者に聞く
  3. 次の自民党総裁にふさわしいのは誰? 高市前総務相が衝撃の「81%」 菅首相の11・9%を7倍近く引き離す 夕刊フジ・zakzak緊急アンケート
  4. 小泉進次郎氏「妻に申し訳ない」 クリステルさん名義の巨額資産公開で
  5. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は