HIKAKIN、京本大我、小芝風花らゲスト 「ハモネプ」大学日本一 - イザ!

メインコンテンツ

HIKAKIN、京本大我、小芝風花らゲスト 「ハモネプ」大学日本一

約20年前、ネプチューンの人気番組からハモネプは始まった(C)フジテレビ
約20年前、ネプチューンの人気番組からハモネプは始まった(C)フジテレビ

ネプチューン(名倉潤、原田泰造、堀内健)がMCを務めたバラエティー番組「力の限りゴーゴゴー!!」(1999~2002年)の人気企画から始まった「ハモネプ」。

14日放送の「全国ハモネプリーグ大学日本一決定戦2021夏」(後9・0、フジテレビ系)は2回目となる大学対抗戦。アカペラに青春を捧げる大学生たちが練習もままならないコロナ禍でも「歌で日本を元気にしたい」と挑む。

今回はネプチューンに加え、大阪会場からチョコレートプラネット(長田庄平、松尾駿)がMCとして登場。ゲストに21歳のときに“ハモネプ”(11年放送)でボイスパーカッション日本一に輝いたYouTuberのHIKAKIN、番組初出演の京本大我(SixTONES)、連続ドラマ「彼女はキレイだった」(火曜後9・0、カンテレ・フジテレビ系)に出演中の小芝風花らを迎える。

ハモネプを楽しむ小芝風花(C)フジテレビ
ハモネプを楽しむ小芝風花(C)フジテレビ

出場する大学生のほかに、今回も同局アナウンサーの永尾亜子、藤井弘輝、久慈暁子、杉原千尋、藤本万梨乃、堀池亮介、佐久間みなみの「アナペラ」が“ハモネプ21世紀枠”で出場。前回は最低点を出してしまったが、その雪辱を果たすことはできるのだろうか。

各歌唱曲は「もう少しだけ」「怪物」「夜に駆ける」(YOASOBI)「ドライフラワー」(優里)「感電」(米津玄師)「炎」(LiSA)「カイト」(嵐)など。

「今回のボイパは世界レベル」(HIKAKIN)「学生たちのパフォーマンスに圧倒」(京本)とコメントするほどレベルの高い大会になっている。


  1. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  2. コロナ、経済対策、外交…新総裁適任は? 識者に聞く
  3. 次の自民党総裁にふさわしいのは誰? 高市前総務相が衝撃の「81%」 菅首相の11・9%を7倍近く引き離す 夕刊フジ・zakzak緊急アンケート
  4. 小泉進次郎氏「妻に申し訳ない」 クリステルさん名義の巨額資産公開で
  5. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は