映画「翔んで埼玉」の続編製作決定 GACKT、二階堂ふみ続投 前作ファン歓喜でネットは祭り状態(1/3ページ) - イザ!

メインコンテンツ

映画「翔んで埼玉」の続編製作決定 GACKT、二階堂ふみ続投 前作ファン歓喜でネットは祭り状態

GACKT(兼松康撮影)
GACKT(兼松康撮影)

東映は11日、映画「翔んで埼玉」の続編を製作すると公式サイトで発表した。大ヒット作の続編決定の知らせに前作ファンが歓喜。同日朝のヤフーリアルタイム検索やツイッターのトレンド上位に関連ワードが複数ランクインして、祭り状態となった。

「翔んで埼玉II(仮)」は漫画家・魔夜峰央氏の同名漫画を原作に、2019年に公開された映画「翔んで埼玉」の続編。前作では、出身地・居住地によって激しい差別が行われている架空世界の日本を舞台に、二階堂ふみ演じる東京都知事の息子・壇ノ浦百美が、GACKT演じる埼玉出身の出自を隠して行動する「埼玉解放戦線」の美少年・麻実麗と恋に落ち、協力して歴代都知事の汚職を告発、「日本埼玉化計画」を開始する…というストーリーを展開した。埼玉県をはじめ、隣接する千葉県、群馬県などの自虐ネタが満載で、埼玉県で東京都を超える異例の観客数を動員して大ヒットした。

続編については、GACKTと二階堂ふみの続投、2022年の劇場公開決定と「埼玉の皆様 続編作ってゴメンなさい。」と詫びる百美・麗コンビのビジュアルが公開されたのみで、詳細は明らかになっていない。

GACKTは製作決定について東映の公式サイトに寄せたコメントで、「不安しかありません」「監督、バカなの?」と微妙な反応。原作者・魔夜氏に至っては「改めて言うが、正気か」と少々困惑気味だ。しかし、プロデューサーの若松央樹氏は「前作の公開中、埼玉の皆様には『もっとディスっても大丈夫!』という声や、他県の皆様には『埼玉がうらやましい』『自分たちの地元もいじって欲しい!』『翔んで〇〇もやってほしい!』など、ありがたい反響をたくさんいただきました」と自信をのぞかせている。

  1. おかえりモネ、部屋から出た「宇田川さん」に膨らむ視聴者の予想「ブッキー説を提唱」「宇田川さんは妻夫木でしょ?」の声
  2. 「ガラケー」に迫る終焉 携帯3G、来年から各社で終了
  3. コロナ後遺症でEDの可能性 感染した男優は「引退も考える状況」
  4. 「払った料金返せ」「経営陣が説明しろ」どんなときもWiFiに批判殺到 容量無制限プラン突如終了で
  5. コロナワクチン「間違った打ち方」で抗体が不十分となるリスクも