NHKドラマに濱田岳、津田健次郎ら出演、マンガパートには悠木碧も!「特攻兵の幸福食堂」 - イザ!

メインコンテンツ

NHKドラマに濱田岳、津田健次郎ら出演、マンガパートには悠木碧も!「特攻兵の幸福食堂」

左から草笛光子、濱田岳、津田健次郎 (C)NHK
左から草笛光子、濱田岳、津田健次郎 (C)NHK

俳優の濱田岳や、津田健次郎らが出演し、漫画家、魚乃目三太さんの作品「ちらん-特攻兵の幸福食堂-」を随所に散りばめながら物語が進む新感覚ドラマ「ドラマ×マンガ 特攻兵の幸福食堂」が11日、NHK BSプレミアムで午後9時54分から放送される。

「ドラマ×マンガ」は今年で4作目。今回は、1人のマンガ家が、太平洋戦争で行われていた「特攻」について作品を完成させるまでの日々を描く。

濱田岳 (C)NHK
濱田岳 (C)NHK

35歳になるマンガ家の魚沼陽太(濱田)は、連載を打ち切られ、崖っぷちにたっていた。そんななか、先輩の西海斗(津田)とふらりと入った居酒屋で、88歳の女将、嶋田栄子(草笛光子)から興味深い話を聞く。太平洋戦争中、栄子の家族は、鹿児島県知覧で若い特攻隊員たちに食事を振る舞う食堂を切り盛りしていたというのだ。

「ぜひマンガにしたい!」。陽太は栄子に協力を依頼。栄子が語るのは、これまで陽太がまったく知らなかった特攻隊員たちの素顔だった。さらに、陽太は栄子の幼なじみで特攻隊の生き残りである井田保(吉澤健)を訪問。特攻隊員の本音を知る。ところが、陽太のある発言が保の怒りを買い、追い返されてしまう。

ドラマパートには、濱田、津田、吉澤、草笛のほか、手島実優、今村裕次郎といった俳優陣が出演。マンガパートには声優の悠木碧に加え、津田も声優として出演している。SNSにも放送を楽しみにする声が見られ、ツイッターには「コレは観なければ!」「津田様!!絶対観る」「マンガパートには悠木碧ぃぃぃ~♪」「ぜひ地上波でも見たい…!」などの声が寄せられている。


  1. 中村玉緒の息子・鴈龍さん、孤独死していた…55歳
  2. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  3. 【衝撃事件の核心】飛び降りの巻き添えになった女子大生と遺族の理不尽の代償
  4. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病
  5. 次の自民党総裁にふさわしいのは誰? 高市前総務相が衝撃の「81%」 菅首相の11・9%を7倍近く引き離す 夕刊フジ・zakzak緊急アンケート